MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

入稿データ作成をマスターしよう

印刷されない 「ヘアライン」とは?

hairline

画面上では確認できるのに、印刷をすると印刷結果に現れない「ヘアライン」なるものがあることをご存知でしょうか。今回は、「線」を使うときに気をつけたい、このヘアラインについて解説します。

ヘアラインとは

ヘアラインとは、「塗り」の部分のみが指定されていて、線幅が「空欄(ゼロ)」のライン(線)のことです。

Illustratorのオブジェクトの色設定には、「塗り」と「線幅」の項目があります。しかし、ペンツールなどで作った線には、塗りの色は指定されているのに、線幅の指定が空欄になっているものがあります。これがヘアラインで、画面上では確認できる他、プリンターでもある程度の太さの線として表現されますが、印刷では線の太さが設定されていないために非常に細くかすれたような線としか表現されず、場合によっては消えてしまうのです。このように、ヘアラインは「印刷されない線」とみなされるので、入稿前にヘアラインがないか入念に確認しておく必要があります。

印刷可能な線の太さの目安

線に色設定を行うと、カラーパレットで「線幅」(線の太さ)を指定できます。太さの指定がないヘアラインでなくても、線幅が0.1以下の線は印刷ではほとんど出力されず、0.2pt以下でもきれいに印刷されない危険性があります。最低でも0.3pt以上を指定するようにしてください。

デザインに線を使うときの注意点

線をデザインに活かすときも細心の注意が必要です。線に色を設定するなどして作成したオブジェクトは、いざ印刷をしてみると思ったような形で印刷されないことがあります。トラブルを防ぐには、線に塗りと線幅を設定して使用するときには、必ずアウトライン化をするようにすることです。
アウトライン化とはオブジェクトを「図形情報(パス)」に変換することを言います。くだんの線を選択し、メニューの「オブジェクト」→「パス」→「パスのアウトライン」と進めばアウトライン化を行うことができます。こうすることによって、デザインに線を使ったとしても、思ったとおりの印刷結果が得られるようになるはずです。

印刷後に、「意図していたデザインと違った」ということが起きないように、印刷されないヘアラインに気をつけ、アウトライン化も忘れずに行うようにしましょう。

ネット印刷.com