ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

入稿データ作成をマスターしよう

イラストレーターでフォントのアウトライン化を行う方法

outline

イラストレーターでチラシなどを作成するときなどは、必ず文字をアウトライン化する必要があります。今回はアウトライン化を行う必要性とその方法について解説します。

アウトライン化って何?

文字のアウトライン化とは、イラストレーターの機能の一つで、文字データを図形化することです。

フォントで表現された文字と、アウトライン化された文字とでは、扱いがまったく異なります。
フォントであれば文字を削除したり新しい文字を加えたりといった編集作業が行えますが、アウトライン化された文字は図形なのでそうした操作は行えません。
もし、アウトライン化された文章を変えたいのであれば、もう一度フォントで文章を作り、再びアウトライン化するという作業を行う必要があります。

なぜアウトライン化が必要なの?

まず、アウトライン化していない文字が入ったデータを、ほかのパソコンに移して開くと、そのパソコンに同じフォントが入っていなかったときに別のフォントに置き換えられて表示されてしまうため、場合によっては文字化けや、文字が表示されないなどの不具合が起きることもあります。また、たとえ同じフォントが入っていたとしても、文字間を詰めるなどの細かい調整を行った情報は反映されず、段組などが崩れてしまうことも……。

印刷をするときにも、同じことが起こります。アウトライン化されていないデータを入稿して印刷すると、意図していなかったフォントに置き換わった印刷物ができてしまいます。そのため、イラストレーターで作成したデータでアウトライン化は必須で、印刷所によってはアウトライン化がされていないイラストレーターのデータ原稿は受けつけてもらえないことがあります(印刷前に修正を求められます)。

イラストレーターで文字をアウトライン化する方法

イラストレーターでは、すべてのフォントを一気にアウトライン化する手順が用意されています。

まず、レイヤーがロックされているとアウトライン化が行えないため、レイヤーのロックを解除します。レイヤーウィンドウで鍵マークをクリックして、すべてのロックを外しましょう。
また、メニューから「オブジェクト」→「すべてをロック解除」と進んで、すべてのオブジェクトのロックも解除しておきます。

次にメニューから「選択」→「すべてを選択」を選択します。そしてすべて選択された状態で「書式」→「アウトラインを作成」と進めば、すべてのフォントがアウトライン化されます。

ここまでの作業を行ったらアウトライン化できていないものが残っていないか確認をしておきます。「書式」→「フォント検索」を選択してフォントが見つからなければOKです。

注意! 上記の方法でアウトライン化できない文字

上記の「すべてを選択」を使ってアウトライン化する場合には、①グラフ内で使用している文字、②パターン内で使用している文字、③エンベロープで変形している文字が選択されず、アウトライン化ができないことがあります。

とくにグラフ内で使用している文字は、「すべてを選択」からではアウトライン化の対象になりません。そのため、メニューの「オブジェクト」→「グループ解除」でグループを解除してから、アウトライン化を行いましょう。

パターン内と、エンベロープで変形している文字は、まれに古いフォントがアウトライン化されません。「オブジェクト」→「分割・拡張」を行ってアウトライン化します。または、先に文字をアウトライン化してからパターンに設定する、エンベロープを使用するのがおすすめです。

イラストレーターでアウトライン化をするときの注意点

一度アウトライン化したデータは、元のフォントを使ったデータに戻すことはできません。

つまり、アウトライン化したフォントは全て「図形」になってしまって、文字修正ができなくなるということです。アウトライン化した後に「取り消し」をしてアウトライン化を解除することもできますが、保存した後にファイルを閉じてしまうと、もうアウトライン化の前の状態には戻せなくなります。

そのため、アウトライン化するときには、その前のタイミングで、ファイルに名前を付けて保存しておきましょう、そして、アウトライン化した後のデータは、別の名前を付けて保存することをおすすめします。

そうしておけば、万一文章を修正したくなった場合には、アウトライン化前のデータを修正し、入稿前に再びアウトライン化することで対処できます。アウトライン化の際はデータを上書き保存してしまわないように注意してください。

イラストレーターで作成したデータを印刷所通じて印刷することが多い人にとって、アウトライン化は頻繁に行うことになる操作です。注意点も含めて、そのやり方を正しく覚えておきましょう。

ネット印刷.com