MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

入稿データ作成をマスターしよう

印刷する前に知っておきたい! オーバープリントとは

overprint

印刷をするときにはオーバープリントの指定に気を付けなければいけません。オーバープリントとは何なのか、どこに注意すればいいのかよくわからないという方は、以下の解説を参考にしてみてください。

オーバープリントとは

オーバープリントとは、色を重ねて印刷することです。これは「ノセ(塗りにオーバープリント)」とも呼ばれるもので、Illustratorにもオブジェクトにオーバープリントを指定する機能が備わっています。

オーバープリントがオンになっていれば、あるオブジェクトのカラーと、その下にあるオブジェクトのカラーは重なった(色が混じった)状態で印刷されます。
オフになっていれば上のオブジェクトのカラーが下のオブジェクトのカラーに上書きされて印刷され、重なった部分の下のオブジェクトのカラーは無いものとなります。これは「ケヌキ」と呼ばれます。

なぜオーバープリントという機能があるかというと、ケヌキで印刷すると「見当ズレ」という現象が起きたときに、2つのオブジェクトの境界に白い(下地の色)隙間ができてしまうことがあるからです。

4色印刷といわれるカラー印刷では通常、K→C→M→Yという順番で版を重ねて印刷するので、このときに細かい文字などは用紙のわずかな伸縮などによる影響を受けてしまいます。印刷したときにこの見当ズレ、版ズレが起きないようにするために、オーバープリントが有効というわけです。

オーバープリント設定をするとどうなってしまう?

しかし、オンデマンド印刷では、オーバープリント設定をしているといろいろと問題が起きやすくなります。まず、オーバープリントはIllustratorの通常のプレビュー画面では正しい印刷結果を確認できません。そのため印刷ができあがってみると色を重ねた部分が意図しない色に変わっていることがあります。

オーバープリントでは色が重なって印刷されるため、別々の2つの色を指定した場合には上の色から下の色が透過されたように印刷されます。さらに問題となるのが「白」のオーバープリントです。多くの場合、白は下地の色と同じです。印刷で白を再現するときには何もカラーをつけないことでそれを表現します。ということは、白で表現したいオブジェクトにオーバープリントが指定されていると、印刷結果は下地の色と同化することになり、白いオブジェクトが消えてしまうことになります。

そしてもう一つ、写真の上にブラック(K)100%のボックスなどのオブジェクトを重ねると、バックの写真が透けて見えてしまうことがあります。これは文字などではそれほど目立ちませんが、少し範囲が広い範囲を黒で塗りつぶすと下が透けて透過効果を狙ったような仕上がりになってしまいます。

オーバープリントについて入稿時に確認を

以上のことから、印刷を注文する際は利用する印刷所のオーバープリントの扱いがどうなっているかを確認しておく必要があります。印刷所によってすべてユーザーのデータ指定どおりに処理するという場合や、オーバープリント機能は使用しないことを推奨し、透過して印刷をしたいときは「透明」機能を使うことをすすめている印刷所もあります。

先述したように、Illustratorではオーバープリントが指定されているかどうかがプレビュー画面ではわかりません。「表示」メニュー→「オーバープリントプレビュー」で確認するようにしましょう。もう一度「オーバープリントプレビュー」を選択すれば通常のプレビューに戻ります。
また、PDFを作成して閲覧すればオーバープリントが適用された状態で表示されます。これを利用してオーバープリントがかかっているかどうかを確認することもできます。

オーバープリントに関しては入稿の前に以上のような点に注意して、必ず最後の確認を行うようにしてください。

ネット印刷.com