MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

入稿データ作成をマスターしよう

紙の種類! A版とB版はそれぞれ何が違う?

紙の種類! A版とB版はそれぞれ何が違う?

A版サイズ、B版サイズという用紙サイズの名前を聞いたことがある方は多いでしょう。しかし、A版とB版では何が違うのか、なぜ2つの版があるのかを知っている方は少ないのではないでしょうか。ここではA版とB版の違いや、それぞれがよく使われる印刷物について説明します。

A版サイズとは?

A版は、面積が1平方メートルの「ルート長方形」である「A0」が基準となっています。ルート長方形とは長辺を半分に折っても縦横比が変わらない長方形のことです。ルート長方形は縦と横の比率が、白銀比と呼ばれる1:√2になっています。

A0サイズは841×1189mmです。A0サイズの半分のサイズであるA1サイズは594×841mm、A1サイズの半分(A0サイズの1/4)のサイズであるA2サイズは420×594mmです。さらに順に半分のサイズが続いていき、A12サイズは13×18mmとなります。Aのあとの数字が大きいほどサイズは小さくなっていきます。

A版サイズは現在ではISO国際規格サイズとして、世界中で使われています。

A版サイズがよく使われる印刷物

国際規格なので、A版サイズは世界各国の印刷物に使われています。日本では、A1サイズはポスター、カレンダー、地図の印刷でよく使われます。A2サイズもポスター、A3サイズは小型ポスターで使われます。

他に、A4サイズは写真集、美術全集、A5サイズは文芸雑誌、学術書、教科書、A6サイズは文庫本でよく使われています。
また、ビジネスシーンでは、一般的な書類のサイズとしてA4を用いることが多く、最も良く使うサイズだといえるでしょう。

B版サイズとは?

一方のB判サイズは、日本で平安時代から使われていた美濃紙が発祥とされている国内規格サイズです。国内では「JIS-Bシリーズ」として規定されています。

B版は面積が1.5平方メートルの「ルート長方形」である「B0」が基準となっています。A版よりも面積が1.5倍大きいサイズということです。縦と横の比率が1:√2の白銀比である点はA版と変わりません。

B0サイズは1030×1456mmです。B0サイズの半分のサイズであるB1サイズは728×1030mm、B1サイズの半分(B0サイズの1/4)であるB2サイズは515×728mmです。さらに順に半分のサイズが続き、B12サイズは16×22mmとなります。

B版サイズは主に日本、中国、台湾の3カ国で使用されています。

B版サイズがよく使われる印刷物

B1サイズも、A1サイズと同じように、ポスター、カレンダー、地図の印刷でよく使われます。ただし、最もポピュラーなポスターサイズはB2です。B3は車内吊りのポスターによく使われています。

他に、日本ではB4サイズは大きな画集やグラフ雑誌、B5サイズは週刊誌や一般雑誌、B6サイズは単行本などでよく使われます。

なお、パンフレットやカタログはさまざまなサイズのものがありますが、ポピュラーなサイズとしては、パンフレットはA4、カタログはB5になります。

A版とB版の違い、それぞれのサイズの用途などがお分かりいただけたでしょうか。紙のサイズについて詳しくなれば、印刷物を制作するときに仕上がりのイメージをつかみやすくなります。A版とB版のサイズについて、この機会に覚えておきましょう。

ネット印刷.com