ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

入稿データ作成をマスターしよう

飲食店の宣伝チラシをデザインするときのポイント

restaurant-design

飲食店の宣伝チラシは最も多く作られているチラシではないでしょうか。それだけに、ほかに負けないような「押さえるべきことがしっかりと押さえてあるチラシ」を作ることが大切です。ここでは、飲食店の宣伝チラシをデザインするときのポイントをご紹介します。

飲食店の宣伝チラシに載せるべき内容

まず、飲食店の宣伝チラシに必ず載せることになる要素を挙げていきます。確認しておきましょう。

お店の名前、営業時間、住所、電話番号などの基本情報

店名以外の基本情報はチラシの一番下などに、分かりやすくまとめて掲載します。お店の場所は住所だけでなく簡単な地図も載せましょう。電話番号、予約を受け付けているならその情報も忘れずに。お店のホームページがあればURLも載せましょう。

新商品やおすすめのメニューの紹介

新メニュー、おすすめメニューなど、メインで紹介したいメニューを掲載します。そのほかのメニュー、ランチメニュー、ドリンクメニューなども必要に応じて載せます。チラシはスペースが限られるので、メニューを全て載せる必要はなく、チラシに載せるべきメニューを厳選しましょう。

価格

上記のメインメニューの価格、そのほかのメニューやコースの価格を掲載します。これも必須事項です。

料理の写真

上記のメニューの料理写真も必須です。メインで紹介する料理のほか、その他のメニュー、飲み物などの写真も載せるのがベターです。料理写真は飲食店のチラシのメインビジュアルになるものです。

割り引き情報

新規オープンなどでは特別価格を設定したいところです。その際は通常価格との対比や、何%オフなのかが分かるようにしておきます。チラシに切り取って使えるような割り引きクーポンを付けるのもいいでしょう。

飲食店の宣伝チラシをデザインするときのポイント

上記の必要要素を入れてデザインするときは、以下のポイントを押さえることを意識してください。

料理写真はきれいな写真を!

料理写真がおいしそうに見えるかどうかが、お客様の心をつかめるかどうかを大きく左右します。しっかりとシズル感などが表現できるよう、プロのカメラマンに撮影依頼をしましょう。撮影した料理写真はWebサイトや今後のチラシなどにも活用できます。寄りや引きなどいくつかパターンを変えたものを撮っておきましょう。

料理写真を引き立たせるデザインに!

デザインも料理を引き立たせることを優先して考えてください。メインで紹介する料理はとくに大胆に大きな扱いにするのがおすすめです。お店の顔となる料理を選びましょう。その際、料理やお店の特徴を伝えるキャッチコピーも書き添えます。また、高級感を押し出したいなら黒を効果的に使う、インパクトを重視するなら赤をメインに使うなど配色にも気を配りましょう。

金額を目立たせる

料理とともに金額もしっかりと目立たせてください、お客様にとっては料理とともに気になる情報です。

お店の様子を伝える方法も

料理写真以外に、店内の雰囲気が分かる写真を載せる方法もあります。店内空間の居心地の良さやおしゃれさを伝えたいときは、料理ではなくこちらをメインにするという選択肢も考えられます。

飲食店の宣伝チラシは、料理のおいしさを分かりやすく伝えるのが最もオーソドックスで鉄板の方法です。ほかにはコストパフォーマンスの高さ、お店の雰囲気の良さなどをアピールする方法もあります。お店のなにを伝えたいのかをよく考えて、チラシのデザインに反映させてください。

ネット印刷.com