MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

入稿データ作成をマスターしよう

顧客に暑中見舞いを送ろう! 時期や送るときのマナー

顧客に暑中見舞いを送ろう! 時期や送るときのマナー

暑い時期、相手の健康を気遣ったり、季節の挨拶を伝えたりするために出す暑中見舞い。本来は知人に送るものですが、これを大事なお客様への挨拶と販促ツールとして活用することもできます。暑中見舞いを送る時期とマナー、そして販促ツールとしての活用法について解説します。

暑中見舞いを送る時期と送るときのマナー

暑中見舞いは立秋(毎年、8月7日頃)の前日までに出すのがマナーとされています。いつから出すかについては諸説ありますが、基本的には「梅雨が明けて夏らしくなってから」と考えれば間違いないでしょう。

そして立秋を過ぎたら残暑見舞いに切り替えます。残暑見舞いはいつまで送っていいのかも諸説あるのですが、送るなら8月中という考えが一般的です。

暑中見舞いと残暑見舞いでは挨拶文が変わります。「暑中お見舞い申し上げます」は、残暑見舞いでは「残暑お見舞い申し上げます」となります。

さらに、暑中見舞いの文末の日付は「○年○月」と書く他、「○年 盛夏」としますが、残暑見舞いの場合は「○年 晩夏」「○年 葉月」「○年 立秋」などとします。

暑中見舞いは販促にも使えるって本当?

暑中見舞いや残暑見舞いは販促に利用できます。しばらく来店やサービスの利用がなかったお客様などに、暑中見舞いという形でコンタクトがとることができるためです。

暑中見舞いは年賀状のように送らなければ失礼にあたるわけではないため、送ったことがないという方も多いようです。誕生日カードなども同じですが、こうした機会を活用して接触頻度を高めれば、相手に親近感を持ってもらえることが期待できます。また、暑中見舞いだけで終わるのではなく、夏らしいキャンペーン情報などをはがきに掲載してプロモーションすることもできます。

暑中見舞いを販促ツールとして使うときのコツ

暑中見舞いや残暑見舞いを販促ツールとして利用するには、以下のようなことを実践するといいでしょう。

暑中見舞いにセールの情報を掲載する

夏のセールやバーゲンを企画し、その情報を暑中見舞いに載せる方法です。その際は「感謝祭」「夏季限定」「限定情報」などのワードを使って、特別な情報を伝えていることをアピールしましょう。お客様に対し、個別にアナウンスしているというイメージを押し出すのが効果的です。

暑中見舞いにクーポンを付ける

暑中見舞いにお得なクーポンを付ける方法も特別感をアピールできます。はがきを持参すれば割引になるなどの特典があれば、ストレートに購買意欲アップに結び付けられます。通常のお店であれば期間限定の割引クーポン、飲食店であれば飲み物一杯無料券などもアピール度が高いでしょう。

暑中見舞いに新商品の情報を掲載する

新商品に関する情報を掲載するのも宣伝につながります。あくまで暑中見舞いという時候の挨拶をメインとし、それに伴って商品も紹介するというスタイルをとれば、あまり押し付けがましくなく商品をアピールできます。飲食店ではおすすめのメニューを載せるのもいいでしょう。デザインもなるべくDMっぽくない、おしゃれなイメージで作ると好感度が増すのではないでしょうか。

暑中見舞いを販促ツールとして活用すれば、しばらく接触機会がなかったお客様とのつながりを取り戻すきっかけとなります。また、夏の暑い時期に来店をうながす動機づけともなるでしょう。印刷所を上手に利用し、セール情報の掲載、あるいはクーポン付きなどさまざまな目的を持った暑中見舞いを作成し、送ってみてはいかがでしょうか。

ネット印刷.com