MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

入稿データ作成をマスターしよう

トンボ(トリムマーク)のつけ方

trim_mark

印刷を行うためのデータ原稿には、必ずトンボをつけなくてはなりません。
今回は、なぜトンボが必要なのか、そしてトンボをつけるにはどんな操作が必要なのかご説明します。

トンボ(トリムマーク)とは

印刷物は通常、一枚の大きな紙に複数のページ分の印刷を行い、その後に断裁機で仕上がりサイズに断裁(カット)します。トンボとは、その裁断する位置を示すためのマークのことです。

トンボにはいくつかの種類がありますが、重要なのはコーナートンボ(角トンボ)とセンタートンボ(十字トンボ)の2種類です。

コーナートンボは平行する2本の罫線で表され、それぞれL字を描き、四隅に配置されます。平行する2本の罫線のうち、内側の罫線が裁断する位置を示しています。外側の罫線は内側の罫線から3mm離れていて、この領域は「裁ち落とし」と呼ばれます。

センタートンボは十字に交わる罫線で表され、天地左右のセンターを示しています。こちらは、カラー印刷で4色のインキの刷り位置を調整する「見当合わせ」を行うのに使われます。ちなみに、この十字がトンボに似ていることからトンボという呼び名がついたようです。

プリント

なお、トリムマークとは、おもにDTP作業で使用されるアプリケーションソフト、イラストレーターでトンボを作成する際に使われるコマンドのことです。

トンボはなぜつけるの?

トンボをつける意味として最も大事なのは断裁位置を示す役割です。断裁位置がわかれば、最終的に印刷物としてできあがる大きさ(=仕上がりサイズ)もわかります。コーナートンボの内側のトンボが、印刷物として仕上がった時の原寸サイズを示しています。

入稿データを作るうえでは、仕上がりサイズと断裁位置がわかることで文字や写真、イラストを配置する場所をハッキリと決められます。印刷物のセンターはどこなのか、端はどこなのかを正確に把握できなければ、効果的なデザインやレイアウトはできないでしょう。

もう一つの役割である「見当合わせ」は、カラー印刷の場合に、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色を重ね合わせるためのものです。おもにセンタートンボを使って、天地左右の4辺の位置を調整し、4色をピッタリと重ね合わせて、多彩な色を再現します。

さらに、コーナートンボが示す3mm幅の領域である「裁ち落とし(塗り足し)」には、わざと仕上がりサイズの外の裁ち落としサイズまではみ出させて印刷することで、断裁のズレによって紙の白が出てしまうのを防ぐという役割があります。

イラストレーターでのトンボ(トリムマーク)のつけ方

まず新規ドキュメントを作成する時には、仕上がりサイズより大きなドキュメントを作成します。B5のフライヤーを作るならA4を選択、A4のチラシを作るならA3を選択するという具合です。

次に、印刷物のサイズを長方形で指定します。長方形ツールを選択して、作りたい印刷物の原寸サイズ、たとえばB5のサイズ(182 ×257mm)などを入力して、長方形を作るわけです。
この時、長方形ツールの塗りと線はそのままだと印刷物に反映されてしまうので、両者とも「なし」に設定しておきます。

そして作成した長方形を選択し、「フィルタ」→「クリエイト」→「トリムマーク」と進んでください。これだけの操作で長方形の周囲にトンボが作成されます。

ネット印刷.com