ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

販促効果の高いチラシ、ポスターを作成しよう

DMの役割と送ることで得られる効果

iphone6plus-538898_1920

DM(ダイレクトメール)を活用するには、その役割と送ることで得られる効果について正しく認識していなければなりません。DMとはどのような特徴を持ち、どのようなときに役立つ媒体なのでしょうか。郵便で送るDMだけでなく、メールDM、FAXDMについても解説します。

そもそもDMとは?

DM(ダイレクトメール)とは、特定の個人または企業に向けて商品案内などを送付する広告・宣伝・販売促進の手段です。ダイレクトメールという言葉には、直接送るという意味が含まれています。

内容は商品の案内以外にも、セールやバーゲン、特典情報、クーポンなどなんらかのイベントと連動させたお知らせなどを送るもの、あるいはカタログやパンフレットをそのまま送ることもあります。

DMを送ることで得られるメリット

DMを活用するメリットは、相手を選んで送ることで開封率・レスポンス率を上げられることです。事前にセグメントした相手であれば、その人にとって有用と思われる情報だけを選んで送ることができます。

レスポンスを得るための手段も、いろいろなものが用意できます。郵便で送るDMであれば、同封した返信用はがき、電話、FAX、またはQRコードなどによるネット経由で相手からの反応を受けられます。

こうした仕組みを作れることから、DMは直接、商品の購入に結びつけられる媒体という印象があります。しかしDMの活用方法は、直接的に商品購入を促すものだけではありません。例えばカタログやパンフレットを送るのは、あくまで情報のみを提供して興味を持った人からの反応を待つスタイルのDMです。また、ポスターのように商品の名称やイメージを印象づける目的のDMもあります。なんらかの反応をもらうことで、見込み顧客との連絡手段を確保する目的のDMもあります。このように広い用途に利用できることもDMの魅力です。

DMの種類

DMと言えば郵便で送るタイプのDMが思い浮かびますが、ほかにも種類があります。それぞれの特徴を説明しましょう。

郵便で送るDM

はがき、あるいは定形・定形外郵便、メール便などで送るオーソドックスなDMです。郵便によるDMは、普段あまりネットを見ないような人にでも見てもらえる可能性が高いので、ターゲットを選ばないという利点があります。また、はがき、チラシ、冊子など形態を変えることで、簡単なお知らせから詳細な内容の販促物まで送付することができます。最も汎用性が高く、ターゲットも幅広いDMと言えるでしょう。

メールDM

メールでDMを送信するもので、ダイレクトEメールとも呼ばれます。これまでコンタクトがなかった人にいきなり送ると迷惑メールだと思われてしまうので、購入歴のある顧客や会員向けに送ることが主な送付方法です。セール情報などを伝えることで、ネットショップなどの商品ページに誘導できます。スピーディーで一斉送信が可能、コストも安いのが利点ですが、DMだとわかると開封せずに削除する人も多いのが難点です。

FAXDM

FAXを使ってDMを送るものです。郵便によるDMと比べるとレスポンス率は落ちるものの、コストが安いため費用対効果が高いと言われます。個人よりも、中小企業などの担当者、オーナー向けとして効果が高いとされるのも特徴です。また、原稿があればすぐに送信できるという強みもあります。ただし、FAXをあまり活用していない会社には迷惑となる上、相手先の用紙やトナーを使用し、FAX受信時間も費やすことになるので、あまり頻繁に送ってしまうとクレームとなってしまうこともあります。

DMは様々な用途に活用できる販促媒体です。目的やターゲットによってどんな種類のDMにするかを選ぶこともできます。自社商品のセールスのために、アイデア次第で高い販促効果を生むDMを活用してみてはいかがでしょうか。

ネット印刷.com