MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

販促効果の高いチラシ、ポスターを作成しよう

Illustratorで画像を切り抜きしよう! クリッピングマスクとは?

illustrator-cutout

「写真の一部を切り抜いて使いたい」というとき、Illustratorではどうすれば良いのでしょうか。今回は、Illustratorで簡単にできる、トリミングであるクリッピングマスクの方法をお教えします。

Illustratorで画像を切り抜く方法は?

Illustratorを使って画像の一部を切り抜いたり、トリミングするにはどうしたら良いのでしょう。実はIllustratorには「切り抜き」というツールはありません。代わりに、「クリッピングマスク」という機能を使います。これは本当に切り抜くのではなく、見せたくない部分を隠して、切り抜いているように見せる機能です。

クリッピングマスクとは

クリッピングマスクの「クリッピング」は切り抜く、「マスク」は覆う、隠すという意味です。クリッピングマスクはレイヤーの透明部分を使用し、その上のレイヤーにマスクを適用することで、不要な部分を隠して必要な部分だけを見せる機能です。 実際に切り抜いているわけではないので、画像のファイルサイズは変わらないことに注意しましょう。

なお、Photoshopには、Illustratorと同じクリッピングマスクの他に、よく似たレイヤーマスクという機能もあります。レイヤーマスクはレイヤーの一部だけを表示する、あるいは非表示にすることができる機能です。同じマスクですが、クリッピングマスクでは複数のレイヤーを重ねることでマスクが成立しますが、レイヤーマスクでは1つのレイヤーの中にマスクが作られるという違いがあります。

クリッピングマスクの使い方

原理はともかく、クリッピングマスクはIllustratorで画像を切り抜きたいときに使える機能です。

例えば写真を長方形にトリミングするやり方を見てみましょう。まず、トリミングをしたい写真の画像をアートボード上に配置します。次にツールボックスから長方形ツールを選択します(「塗り・線」はナシ)。そして画像の上で、トリミングしたい大きさのシェイプを作ります。次に、トリミングしたい画像と、その上のトリミングする形となるシェイプの両方を選択します。そしてメニューの「オブジェクト」→「クリッピングマスク」→「作成」へと進みます。これでトリミングができるはずです。

もう一つ、写真に写っている人の顔を切り抜く方法もご紹介します。今度は写真の人物の顔を、ツールボックスの「ペンツール」か「鉛筆ツール」を使い、パスで囲みます。「ダイレクト選択ツール」を使って、アンカーポイントを移動させながらパスを整えれば、顔の輪郭をきれいになぞれるでしょう。そして画像とパスを両方選択した状態で、オブジェクト」→「クリッピングマスク」→「作成」と進みます。これで顔だけが切り抜けたはずです。

クリッピングマスクを解除したいときは、まずツールボックスの「選択ツール」をクリック、次に画面上のクリッピングマスクをクリックして選択状態にします。続いて「オブジェクト」→「クリッピングマスク」→「解除」と進めば、クリッピングマスクが解除され、オブジェクトが元の状態に戻ります。

クリッピングマスクのトリミング箇所の調整方法

トリミング箇所の移動や、形を変形したいときは、選択ツールではなく、ダイレクト選択ツールを使いましょう。

方法はまず、レイヤーパネルでトリミング箇所(クリッピングパス)を選択してターゲットにします。次にクリッピングパスの中心の基準点をダイレクト選択ツールでドラッグすると、クリッピングパスを移動できます。形を変えたいときもダイレクト選択ツールを使用して、クリッピングパスを変形できます。

クリッピングマスクした画像の書き出し方法

クリッピングマスクした画像を書き出すときは以下の手順で行います。
クリッピングマスクしたオブジェクトを選択して、「オブジェクト」→「アートボード」→「選択オブジェクトに合わせる」を選択します。するとオブジェクトのみがアートボードに貼り付けられます。あとは「ファイル」→「書き出し」→「WEB用に保存」で、PNGやJPEGを選んで保存できます。背景を透過させたいときはPNG-8もしくはPNG-24で透明部分にチェックを入れると透過した状態で保存可能です。

このように、クリッピングマスクを使えば画像をトリミングしたり、切り抜くことができます。ぜひこの方法を活用してみてください。

ネット印刷.com