ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

販促効果の高いチラシ、ポスターを作成しよう

ポスターとして使われる紙のサイズと選び方

poster_size

ポスターのデザインが出来上ったのはいいものの、どのくらいのサイズで印刷すればいいのか……わからなくて迷ってしまうことがありますよね。

ここでは、ポスターを印刷するときの適切な大きさを選ぶ際のポイントを紹介していきます。

紙のAサイズ、Bサイズとは?

用紙のサイズは、主にA版とB版という規格に分かれます。それぞれA0・B0が最も大きいサイズで、A0は1189mm×841mm、B0は1456mm×1030mmの寸法です。

このA0・B0の半分がA1・B1、その半分がA2・B2……というように、英字のあとに続く数字が用紙の大きさを表しており、大きさが半分になるごとに数字は1つずつ増えていきます。

A版は国際規格サイズ、B版は和紙を基準とした国内規格サイズになっていますが、他にもAB版や菊版、四六版といった用紙サイズが、私たちの生活の中で使われています。

用紙のサイズは、縦横の比が1:√2で、最も美しく見える比率と言われています。ポスターもこの用紙の美しく見える比率を十分に活かした、見た目の美しさにこだわって作成しましょう。

ポスターはA2、B2が一般的

一般的なポスターには、A版・B版の大きめの用紙が使用されます。A1、A2、B1、B2とある中でも、A2、B2のサイズがポスターには最もよく使われます。分かりやすいところで言うと、新聞の1面の大きさがA2サイズ。B2はそれより大きく、新聞の見開きの端を一回り小さくしたくらいのサイズです。

ポスターのサイズの選び方

しかし、あまり大きすぎても、貼るスペースが小さい場合は返って邪魔になってしまいます。ポスターを貼る場所を想定して、サイズを選ぶことが重要なのです。

A1やB1サイズのポスター

A1は594×841mm、B1は728×1030mmです。この2つにB0サイズ(B1ポスターの2倍の大きさ)を含めた大きいサイズのポスターは、「駅貼りポスターサイズ」とも呼ばれます。大きいので広告として使用してもよく目立ち、大きな建物内や外に貼るのに適したサイズです。映画館に貼ってある映画のポスターの中にもA1ポスターがあります。

A2やB2のポスター

A2は420×594mm、B2は515×728mmです。A2は通常サイズのポスターに使われます。広告、映画、アニメ、タレント用ポスターなど用途は様々で、通常のカレンダーでもよく見かけます。一方、B2はやや大きめサイズのポスターです。CD特典ポスター、タレントのカレンダーなどもこのサイズが多いですね。なお、選挙ポスターはA3(297×420mm)サイズです。

A4やB4のポスター

A4は210×297mm、B4は257×364mmです。どちらもポスターよりチラシやフライヤーで使われるサイズです。壁に貼ったり、額に入れて飾るミニポスターに使用されることもあります。

ポスターのサイズを決めるときに注意したいこと

A1、B1のように大きい用紙サイズは、それだけで目立ちますが、なかなか貼る場所がなく汎用性には優れません。その点を考え、インパクトは薄れるけれども、ちょっとしたスペースにも貼ることができるA3サイズの使い勝手の良さを選んだほうが良い場合もあります。
どこに貼るのか場所を想定した、それぞれの用紙サイズのメリット、デメリットを考えることが大切です。
また、ポスターのサイズを大きくすればするほど、デザインも大きなレイアウトをすることが必要になります。遠目でもわかるように、視認性の高いゴシック体などのフォントを使用したり、フォントサイズ自体を大きくするなどの工夫を行いましょう。

文字や画像の大きさなどのバランスや、どのフォントが適しているかを確認するため、何回か実際の大きさにプリントしたものを遠くから確認すると良いでしょう。パソコン上や小さい紙面で見たときと全く印象が違うことがあるので、必ず実際のサイズで確認してください。

ポスターサイズの選び方のポイントをまとめてみました。ポスターの大きさは、とにかくインパクトを強くすべく大きなサイズにするのか、どこでも貼れるような小さ目のサイズにするのか、貼る場所を想定しながら選ぶ必要があります。デザインにも大きく関わってくるので、デザイン作成の時点から考えておきましょう。

ネット印刷.com