MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

販促効果の高いチラシ、ポスターを作成しよう

チラシを作ったらポスティングをしよう! どんな効果が得られる?

posting

お店のオープンやお得なセール情報を告知するために、チラシを活用することがあります。その際、どのような方法で配布をして、どのような方たちに届けるのかによって、その効果は異なります。そこで今回は、代表的な配布方法のひとつである「ポスティング」に注目し、その効果や配り方のポイントについて詳しく解説していきます。

ポスティングとは

「ポスティング」というのはその名の通り、一般家庭や事業所などの郵便受け(ポスト)に、印刷物を直接投函する配布方法のことです。印刷物の種類としては、チラシや広告、ビラ、フリーペーパーなど宣伝を目的としたものがメインで、一般的なポスティング方法には、印刷物の作成元が自分たちで配布する方法と、ポスティングを専門に行っている業者に依頼する方法、ポスティング要員としてバイトなどを雇って行う方法があります。同じく各家庭や事業所などにチラシや広告などを配布する方法のひとつに、新聞に挟み込んで入れる折り込み広告などがありますが、ポスティングと折り込み広告ではそれぞれメリットやデメリットが異なるため、ニーズに合ったものを選択することが大切です。

ポスティングを行うことで得られる効果

では、実際にポスティングを利用してチラシなどを配布することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。具体的な効果を詳しく見ていきましょう。

自由にターゲットを選択できる

新聞の折り込みの場合、新聞を取っている家庭にしか配布することができませんが、ポスティングは配布場所を細かく指定することが可能です。例えば、単身者向けの集合住宅だけ、小学校の近辺のみなど、ターゲットを絞って届けることができると言うメリットがあります。

いろいろなものを配布できる

新聞の折り込みは、原則としてチラシや広告しか配布をすることができません。一方ポスティングの場合は、チラシや広告などの紙媒体はもちろん、ダイレクトメールやポケットティッシュなどのノベルティがついた印刷物も配布が可能です。

印刷物の視認性

新聞の折り込みは、他のチラシや広告などと重なった状態で届くため、自分たちの広告が競合他社の広告に埋もれてしまうことも。一方、ポスティングは依頼した印刷物を単独で配布するため、受取人が手にとって見てもらいやすいと言うメリットがあります。

ポスティングで効果を得るためのポイントとは?

ポスティングを利用して印刷物を配布する場合、その効果を高めるためにはどのような点に気をつければいいのでしょうか。具体的なポイントを詳しく見ていきましょう。

認知してもらうために複数回配る

より高いポスティング効果を得るためには、一度だけの配布で終わるのではなく、複数回間隔をあけながらポスティングを行いましょう。繰り返しポスティングをすることで、受取人への認知を強めることができます。

配布ルールを明確にしておく

ポスティングを社外へ委託する場合には、配布禁止エリアへは配布しない、深夜や早朝など配布先の迷惑になる時間帯を避けるなど、配布のルールを定めて徹底することも大切でしょう。

目的に合わせて配布する曜日や時間帯を決めておく

飲食系のチラシは休日前の金曜日、セールの案内チラシはセール日の2日前など、印刷物の内容によって、効果が得られやすい日を調査して、配布する曜日や時間帯を細かく決めておきましょう。

ポスティングには時間や労力が必要となりますが、ポイントを押さえた配布方法によって高い効果も得られます。チラシを効果的に届けたい方は、上記の内容を参考にして、ぜひ実施してみましょう。

ネット印刷.com