MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

販促効果の高いチラシ、ポスターを作成しよう

販促にはどういった種類があるの? 販促の種類とそれぞれの特徴

接客をする女性
商品やサービスのプロモーションを行う際に重要になるのが、どのような販促を行うのかということ。ひと口で販促といってもその種類や特徴はさまざまで、商品やサービスの内容によって最適な販促方法というのは異なります。
そこで今回は、効果的な販促を行うためにおさえておきたい販促の基本について一緒に勉強していきましょう。

そもそも販促とは?

販促というのは「販売促進」の略で、「消費者の購買意欲を刺激して商品やサービスを買ってもらうこと」を目的としたさまざまな活動のことです。別名「セールスプロモーション(sales promotion)」と呼ばれることもあり、セールやキャンペーン、広告活動、営業活動など、非常に広い範囲の活動が含まれます。

販促を行う理由

どんなに魅力的な商品やサービスを提供していても、それを消費者に周知して利用または購入してもらわなければ、ビジネスとしては成立しません。そこで大切になるのが販促です。
ダイレクトメールやチラシなどを配布したり、キャンペーンやイベントを行なったりすることで商品やサービスの魅力を伝えながら、消費者の「買いたい」「試したい」という気持ちを刺激します。特に競合他社や類似商品が多い場合には、販促の質によって消費者の反応は大きくことなるため、最適な販促方法を見極めることが必要なのです。

販促の種類とそれぞれの特徴

ひと口に販促といってもさまざまな種類があって、それぞれに特徴が異なります。販促活動を行う場合には、ターゲットとする顧客層に合った方法を選ぶことが大切です。では、主な販促の種類とその特徴を詳しく見ていきましょう。

店舗・野外イベントでの販促

店舗で行う販促の代表的なものに、試食コーナーや店頭販売があります。実際に商品を食べてもらったり、手に取ってもらったりすることで、その魅力を消費者にしっかりアピールして購入へ導くことが可能です。店頭での販促の最大のメリットは、ターゲットを絞った販促ができるということ。その店に訪れている客は少なからずその店に興味を持って訪れているわけですから、不特定多数にアプローチするよりも販促効果は高くなるでしょう。また、イベントでの販促は既存客と新規顧客の両方にアプローチすることができるのも特徴です。

紙媒体での販促

紙媒体での販促には、チラシやダイレクトメール(DM)、パンフレット、フライヤーなどがあります。印刷物を作成するコストはかかりますが、販促に関わる人手を最小限に抑えられるのが特徴です。商品やサービスの種類、ターゲットなどによって使い分けることで、販促効果がアップします。

インターネットでの販促

InstagramやFacebook、twitterをはじめとするSNSやブログ、メールマガジンなどを活用した販促活動のことです。スマートフォンやタブレット端末が普及した現代では、効果的な販促としてマストとなっています。通信販売やネット店舗を構えている企業だけでなく、あらゆるビジネスや商品・サービスでも利用できます。

販促効果を高めるためには、ターゲットに合った最適な販促の種類を選択することが大切です。上記の内容を参考に、それぞれ特徴をきちんと理解した上で販促活動を行なっていきましょう。

ネット印刷.com