MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

販促効果の高いチラシ、ポスターを作成しよう

名刺とショップカードはどこがどう違う? それぞれの違いとは

a8cd2ecf7df24eabd0ed8ad468c53a42_s

お店を新しく始めるとき、あるいは、イベントや展示会に出展するときには、自己紹介できるツールがあると便利です。その代表的なものに、名刺とショップカードがあります。ところで、このふたつはどのように使い分ければいいのでしょうか。この機会に名刺とショップカードの違いを知り、正しく使いこなして人脈や販路を拡大していきましょう。分かりやすく解説します。

名刺とは? 名刺に記載するべき内容

基本的に名刺は、相手の顔を見ながら交換するビジネスツールです。例えば仕事やイベントなどで会った初対面の方に「ご一緒できる機会や仕事がありましたら、ぜひこちらに連絡ください」と、お互いに連絡先の交換をするツールが名刺です。
ビジネスは、まずは名刺交換から始まるといっても過言ではありません。もちろん、交換したからといってすぐに仕事に繋がるとは限らないのですが、人脈を築くことはできます。仕事の幅を広げていく際、人脈を築くことは意義のあることだといえます。

そういった背景をふまえると、名刺に記載するべき内容は、名前と連絡先ということになります。連絡先として入れたいのは、住所、電話番号、メールアドレスなど。その他、WEBサイトのアドレス、肩書き、屋号やロゴ、顔写真など、相手に知ってほしい情報があれば必要に応じて盛り込んでいきましょう。
ただし、名刺の基本は「名前と連絡先を伝えること」です。あれもこれもと盛り込みすぎると散漫になってしまうだけでなく「この方と仕事をして大丈夫なのだろうか」と不信感を持たれてしまうことにもなりかねないので、気をつけましょう。

ショップカードとは? ショップカードに記載するべき内容

名刺が特定の相手と、ビジネスを前提に対面で交換するものであるのに対し、ショップカードは、不特定多数の相手に自分のお店や商品を知ってもらうための販売促進ツールと位置づけられます。ショップカードは「配布するもの」と言い換えてもいいかもしれません。通行人に配ることもありますが、誰もが自由に持っていけるように店頭や展示会場などに置いておくというケースも、よく目にします。

記載したい内容としては、ショップ名と店舗情報が第一です。店舗情報とは、住所や地図、WEBサイトのアドレス、SNSのアカウントなど。WEBサイトを持っている場合は、URLを記す代わりにQRコードを作成して印刷することをおすすめします。そのほうが手に取った方がアクセスしやすいからです。
その他、ショップカードには取り扱っているメイン商品の写真やイメージイラストを入れることもできますし、店主の呼び名などを入れてもいいでしょう。いずれにしても、「このお店で買いたい」「また、このお店に寄りたい」と思ってもらえるような内容にすることがポイントです。

名刺やショップカードのプラスαの使い方

名刺やショップカードは、次のような機能を持たせることでプラスαの使い方ができます。

スタンプ用台紙

ショップカードの裏面、あるいは2つ折りの中面にマス目を印刷すれば、スタンプ台紙として使うことができます。「ポイントをためる」機能で広く知られているパターンです。こういった付加価値がリピーターの獲得につながります。

アクセサリーなどの小物の台紙

アクセサリーなどの小物を固定する台紙として使うこともできます。例えば、ピアスやイヤリングなどのセット物。台紙がないとばらばらになってしまいますが、ショップカードを台紙として使えば安定しますし、店舗情報も同時に伝えることができます。プレゼントの場合、受け取った相手にもお店のことを知ってもらうことができるので、販促ツールとしても効果的です。

診察券

受診者の氏名やカルテ番号などが記載できるデザインにしておけば、診察券として使用することもできます。予約制の場合は、予約の日時が記載できる欄も設けておくといいでしょう。病院やクリニックだけでなく、エステサロンや整体治療、塾や習い事の教室で活用することもできます。

メッセージカード

名刺、ショップカード、どちらもメッセージ欄を設けてメッセージカードの機能を持たせてみてはどうでしょうか。挨拶文など、ちょっとしたひと言を手書きで入れておくのです。手書きのメッセージには温もりが感じられ、それだけで好感度がアップします。

チケット、クーポン

ショップカードなら、割引チケットやクーポンをつけることもおすすめです。ショップカードの狙いは「販売促進」。チケットやクーポンが、再び来店するためのきっかけになることもあるはずです。

POP

POPも販売促進ツールのひとつです。ショップカードを目立つデザインにすれば、POPとして店内やイベントのブースに飾ることもできます。

名刺とショップカードは仕事の幅を広げるうえで重要なものですが、役割が少し違います。名刺は対面で交換し仕事のつなげるためのビジネスツール、ショップカードは多くの方にお店や商品について知ってもらう販売促進ツールです。両者の違いを把握した上で名刺、ショップカードを作りましょう。その際、プラスαの使いかたもぜひ検討してみてください。

ネット印刷.com