MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

デジタルサイネージを導入しよう

デジタルサイネージではどのようなコンテンツを映し出せる?

30a7d4beaa27e60e7d30c5a4ae1caaf8_s

企業の広告活動や公共機関の情報提供など、幅広い用途で活用されているデジタルサイネージ。ディスプレイの高性能化や通信技術の向上によって今後ますます大きく成長していくことが期待されていますが、実際にデジタルサイネージを導入する場合には、表示する情報の種類や設置の利用目的などに応じて、どのようなコンテンツを映し出すのか、最適なものを選択することが大切です。
では、デジタルサイネージは実際にどのようなコンテンツを映し出すことができるのでしょうか。ここでは、コンテンツの種類やそれぞれの特徴、コンテンツの作成方法について詳しく解説していきます。

デジタルサイネージで映し出せるコンテンツとは

デジタルサイネージを効果的に活用するためには、利用の目的や表示する情報の種類に応じて最適なコンテンツを選ぶことが大切です。ポスターやポップといった紙媒体での広告宣伝の置き換え、観光地などに設置する案内板、市役所など公共施設の情報発信用、社内の情報共有用など、誰にどのようなタイミングで見てもらいたいのかによって、コンテンツの選択肢は変わってきます。

まずは、どのようなコンテンツがデジタルサイネージで映し出せるのか、その特徴をきちんと理解した上で、最適なコンテンツを選ぶようにしましょう。主なコンテンツは以下の通りです。

イラストや絵などの静止画

屋内外に設置されていたポスターやチラシ、のぼり、看板などに変わるものとしておすすめなのがイラストや絵などの静止画コンテンツです。デジタルサイネージで表示するもののなかでも、比較的簡単に制作することができます。
また、ポスターやのぼり、看板などは、表示する内容が変わると新たに作り直さなくてはいけませんが、デジタルサイネージであれば表示の内容を随時切り替えることができるため、制作の負担が少なくて済むのも特徴です。

イラストを主体とする場合には、PNG形式、写真などがメインの場合にはJPEG形式のファイルを使います。静止画コンテンツを使ったデジタルサイネージは、広告、案内などが主な用途となりますが、視認性を意識してコンテンツを作ることも重要なポイントだといまえます。

映像やアニメなどの動画・音声コンテンツ

デジタルサイネージの最も大きな特徴のひとつが、映像やアニメといった動画や音声のコンテンツを映し出せる点で、デジタルサイネージが広く普及した理由とも言えるでしょう。動画コンテンツを表示することで、より分かりやすく、ダイナミックでインパクトのある広告表示や情報提供が可能になりました。

また、音声のあるコンテンツを利用することで、宣伝効果や注目度が高くなるというメリットもあります。動画・音声コンテンツでは、MP4やWMVなどのファイル形式が一般的ですが、使用するデジタルサイネージの機種によっても異なりますので事前の確認が必要です。

子ども用のゲーム

店舗のキッズスペースや待合室などに設置されたデジタルサイネージには、ゲームなど子ども用のコンテンツを表示するのもおすすめです。ゲームアプリ内蔵型なら、ネット環境がなくても子どもたちがゲームを楽しむこともできます。

Webサイト

PCと連動可能なデジタルサイネージであれば、既に存在する自社のホームページなどのWebコンテンツをデジタルサイネージの画面上で表示することが可能です。タッチパネル式ディスプレイのデジタルサイネージを利用することで、双方向コンテンツを提供することもでき、活用の幅がさらに広がります。

デジタルサイネージのコンテンツはどのように作成すればいい?

実際にデジタルサイネージを利用する場合、表示するコンテンツはどのように作成すればいいのでしょうか。イラストや絵、写真素材などを活用した静止画や、映像の作成などは自分で行うことも可能です。
例えば、会議資料やプレゼンテーション資料の作成などで使うパワーポイントはスライドショーやアニメーション、音声などのコンテンツに便利な機能が搭載されています。新たに専用のソフトウェアなどを購入する負担もないため、比較的手軽に低コストでデジタルサイネージのコンテンツを作成することが可能です。

とはいえ、パワーポイントはあくまでもプレゼンテーション資料などを作成するためのソフトですので、仕上がりのクオリティにも限界があります。より質の高いデジタルサイネージのコンテンツを希望する場合には、やはりプロに依頼する方法も選択肢に入れる必要があるでしょう。デジタルサイネージのサービスによってはコンテンツ制作が含まれているものもあるので、事前に調べておくといいでしょう。

デジタルサイネージは静止画から動画まで、利用の目的に応じてさまざまなものを映し出すことが可能です。従来の紙媒体の代わりとして新たに導入するだけでなく、Webコンテンツと連動させたり、多言語表示を取り入れたりすることで幅広い用途で活用することが可能です。新たな情報発信&宣伝活動ツールとして、デジタルサイネージの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ネット印刷.com