ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

ネット印刷を上手に利用しよう

オンデマンド印刷とはどう違う? オフセット印刷の仕組みと特徴

よく目にする印刷の方法の1つとして、「オフセット印刷」があります。オフセット印刷はどのような特徴があって、どんな仕組みで印刷されるのでしょうか。今回はポスターやチラシを印刷する際に知っておきたい、オフセット印刷について解説します。

オフセット印刷って何?

「オフセット印刷」は雑誌、ポスターなどの商業印刷でよく使用される印刷方式で、印刷所によっては「平版(へいはん)印刷」と呼ぶこともあります。

では、オフセット印刷について、印刷の仕組み全体からご説明しましょう。印刷の方法で最も単純なものとして、ハンコが挙げられます。ハンコは木などを彫って凹凸をつけたものですが、これに朱肉をつけて押すと凸部分だけが紙について判が押せます。これが「凸版印刷」の原理です。逆に、彫って凹んだ部分にインキを流し込んで紙に字や模様を転写するのは「凹版印刷」と呼ばれます。凸版印刷も凹版印刷も、まず「版」(印刷の元となる板)を作ってから印刷するという特徴があります。

オフセット印刷は薄いアルミ製の版を使いますが、版の表面にはほぼ凹凸がなく、そのために平版と呼ばれます。その代わりに版面には感光剤が塗られており、感光させて現像すると水がのる部分(親水層)とインキがのる部分(親油層)の2つの部分に分かれます。この版を水で濡らしてからインキをつけると、水とインキ(油)が反発し合ってインキがのる部分だけが残ることになります。これがオフセット印刷の原理です。

また、オフセット印刷ではインキのついた版を直接使って紙に印刷するのではなく、原版からブランケットと呼ばれるゴムや樹脂製のローラーに文字や絵柄を移してから、紙に転写します。一旦、別のものに移して(オフ)、改めて転写(セット)することから、「オフセット印刷」という名前がついています。

オンデマンド印刷との違い

オフセット印刷は、最近よく見かけるオンデマンド印刷とはどう違うのでしょうか。

オンデマンド印刷は、オフセット印刷のように版を使いません。版を使わずに、高細密のトナーを使用するレーザープリンターによって印刷をします。オフィス用のカラーレーザープリンターの高性能版のようなプリンターを使うと思ってもらえればわかりやすいでしょう。オフセット印刷のように大きな機械を使わないので、小ロットの印刷であれば単価が安くなります。一方、印刷の品質はオフセット印刷よりは劣り、市販の雑誌などあまりに大量な印刷にも向きません。

オフセット印刷の特徴と仕組み

オフセット印刷は版から直接紙に印刷するわけではないので、版を傷めずに大量の部数を印刷することができます。またゴムを使っているので、ある程度凹凸のあるものに印刷するといったこともできます。

印刷機によって仕上がりの品質は異なりますが、オフセット印刷は仕上がりの美しさにも定評があります。オフセット印刷は基本的にトナーではなくインキを使うので、文字や罫線、写真、イラストも美しく再現できるのです。

印刷物の濃淡(階調の表現)はインキの濃度差ではなく、画線部(アミ点の密度)によって表現されており、この網点を細かくすれば、細部の表現力が向上するという仕組みになっています。また、フルカラーはシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色のインキの版をそれぞれ作り、最終的に4色を重なり合わせて印刷することで表現します。

このように優れた点が多いオフセット印刷ですが、少部数の印刷用途だと、コストが割高になってしまうことがあるのが難点です。また、湿し水(親水層に乗せる水)に揮発性有機化合物が使用されていることが多く、環境問題が指摘されることもあります。そのため最近は、植物油インキを使用するなど環境に配慮した技術も開発されています。

オフセット印刷の主な利用シーン

オフセット印刷が利用されているのは、主に次のようなシーンです。

大量に印刷物が必要になる場合

チラシ、カタログ、パンフレット、雑誌など、大量の印刷物を刷るときにオフセット印刷は使われます。たとえばチラシの場合は、印刷所にもよりますが、1,000部より少ない枚数ならオンデマンド印刷、1,000部よりも多い枚数を印刷するならオフセット印刷を利用すると印刷代金が安くなる傾向にあります。

写真を美しく印刷したい場合

美しく高品質な写真を印刷で再現したいというときも、オフセット印刷が選ばれます。用途としては、写真集、ポスター、写真の品質にこだわったパンフレットなどを作りたい場合が考えられます。

特別な仕様の本を作りたい場合

オンデマンドでは使えないような特別な紙を使った印刷もオフセット印刷の得意分野です。凝った装丁や箔押しなどの加工も、オフセット印刷のほうが実現しやすいでしょう。

日常的に触れる印刷物によく使われている「オフセット印刷」の概要や仕組みについてご紹介いたしました。これからポスターなどを作成する際は、このオフセット印刷の仕組みについても、ぜひ意識してみてください。

ネット印刷.com