MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

ネット印刷を上手に利用しよう

オンデマンド印刷はここが違う! その特徴と仕組みについて

ポスターやチラシなどを必要な枚数だけ印刷する場合に、よく使われているのが「オンデマンド印刷」です。今回はオンデマンド印刷について、その特徴や仕組みについてご説明します。

オンデマンド印刷って何?

オンデマンドとはユーザーの要求に応じてサービスを提供することで、オンデマンド印刷は、必要な印刷物を必要な枚数だけ印刷するスタイルのことを言います。

オンデマンド印刷の方式として主流なのが、インクジェット方式とトナー方式です。インクジェット方式は、家庭で使われているインクジェットプリンターと同じように、紙の上にインクを吹きかけて印刷をする仕組みです。一方、トナー方式は会社などでよく使われているレーザープリンターと同じ仕組みで、印刷時にレーザービームを使用しています。現在使われているオンデマンド印刷の多くは、トナー方式を採用しているようです。

オンデマンド印刷の特徴と仕組み

オンデマンド印刷は、ユーザーがパソコンで作成した入稿データを、直接印刷機で読み取って印刷を行います。印刷機は家庭用のプリンターを、より高性能かつ高速にした大型のデジタル印刷機(オンデマンド印刷機)です。元来、こうしたデジタル印刷機は商業印刷などで使用されるオフセット印刷機より品質が落ちるとされてきましたが、最近の技術進歩によって、かなり質の高い印刷結果が得られるようになっています。

オンデマンド印刷機の中でもトナー方式と呼ばれるもの(レーザープリンター)の原理は、写真の現像に似ています。その仕組みは、光伝導物質が塗られた感光体ドラムに、レーザー光線で文字や画像の形を照射してトナーを付着させ、熱と圧力によって紙に印刷するというもので、レーザーを感光に利用しているのが特徴的です。

オンデマンド印刷は、オフセット印刷のように版を作る工程がなく、入稿データから直接印刷するため、短い期間で印刷物ができあがります。インキを乾燥させる必要がないため、印刷した後にすぐに加工したり、梱包して納品したりすることもできます。

さらに、オンデマンド印刷はバリアブル印刷を行いたい場合にも力を発揮します。バリアブル印刷とは、基本的なレイアウトが同じで、文字など細部の内容が異なる印刷物を作ることです。たとえばダイレクトメールで宛名だけを変えたり、抽選クジで抽選番号を変えたり、チケットでナンバリング印刷を行ったりといったことができます。また、1枚1枚異なる内容の印刷をしたい場合にも、オンデマンド印刷なら簡単に対応できます。

オンデマンド印刷の主な利用シーン

オンデマンド印刷は小ロットでも低コストで印刷できるため、個人発注のポスターやチラシ、フライヤー、または名刺などの印刷に向いています。また同人誌の印刷でもオンデマンド印刷がよく利用されます。1000枚以上など大量に印刷したいという場合は、オフセット印刷のほうが安くなるかもしれません。

そのため、少部数のものを印刷したいのであればオンデマンド印刷、大量に印刷したいのであれば、オフセット印刷というように、目的に合わせて使い分けることをおすすめします。

オンデマンド印刷を行っている印刷会社には、インターネットを経由して入稿できるシステムを導入しているところが多く、気軽にサービスを利用することができます。ポスターやチラシを少部数で印刷したいという方は、オンデマンド印刷を検討してみてはいかがでしょうか。

ネット印刷.com