MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

事務用品を作ろう

封筒にはさまざまな色の封筒がある? ビジネス封筒の色の選び方

business-envelope-color

ビジネスシーンで使う封筒の色と言えば、白や茶色が一般的ですが、みなさんはどのように使い分けていますか。
最近ではオリジナルカラーの封筒を使う企業も増えており、自社を認知させるためだけでなく、他社との差別化を図れるなどのメリットがあります。
ここではビジネスで使用する封筒の色について紹介していきます。

一般的にビジネスで使われる封筒の色は?

ビジネスで使われる封筒の色は茶封筒と白封筒の2種類が一般的です。厳密な決まりはないものの、以下のように使い分けている企業が多いようです。

茶封筒

茶封筒はクラフト紙を材料としている、肌色に近い茶色の封筒のことです。漂白処理されていない紙を使用するため、白封筒に比べて低コストで購入することができます。茶封筒は社内で取り扱う資料を入れる用途や、比較的重要度の低い文書のやり取りをする際に使われます。また、取引先や顧客への請求書や納品書などを入れる際にも茶封筒で問題ありません。

白封筒

白封筒は漂白処理されたケント紙が使われている、その名の通り真っ白な封筒のことです。茶封筒に比べるとコストが少し高いため、普段のビジネスシーンで使われることは少なく、大切な書類を取引先や顧客に送る場合、あるいは履歴書やエントリーシートなどを入れる場合などに使われます。私的な書類や重要な書類を扱う際は、白封筒を使うといいでしょう。

他にはどんな色の封筒がある?

一般的なビジネスシーンでは茶色や白封筒を使いますが、取引先向けにあえてオリジナルカラーの封筒を作成する企業もあります。

オリジナルで封筒を作る場合は、ピンク、クリーム、グリーンなど淡い色を選ぶことが多いですが、ブラックや紺色など、あまり見かけない色の封筒をあえて作る場合もあります。
ただ、斬新な色にしすぎてしまうと、他社との差別化をすることはできますが、イメージを損なう可能性もあるので、企業の形態やイメージに合わせて慎重に選ぶことが大切です。

ビジネス封筒を作成するときの色の選び方

ビジネス封筒を作成する際には以下のようなポイントを押さえておきましょう。

自社のロゴが映える色を選ぶ

封筒のデザインや色に対して、自社のロゴが映える色にすることが大切です。ロゴの色が濃い場合は淡い色の封筒を選び、逆にロゴの色が淡い色の場合は、濃い色の封筒を選ぶといいでしょう。色の彩度や明度を確認し、視認性の高い配色を選ぶようにしてください。

会社のイメージカラーに合わせる

会社にイメージカラーがある場合は、その色に合わせた封筒を作ることをおすすめします。封筒を手渡しただけで相手に会社のことを思い浮かべてもらえる、認識してもらえるということはとても大切なことです。

どんな印象を持ってもらいたいかを考えて色を選ぶ

封筒の色を変えることで、会社のイメージや印象をコントロールすると言っても過言ではありません。例えば医療品関係などでは、清潔感を持ってもらうために真っ白な封筒を使うと効果的ですし、環境に配慮し自然に優しいイメージを演出したいのであれば、クラフト系の淡い茶色や黄色などがおすすめです。逆にグレーや紺色などのダーク系は、カジュアルで少し尖った印象を抱かせるかもしれません。使う色によってイメージが大きく変わるので、自社がどんなイメージを持ってもらいたいのかをよく検討してから色を選ぶようにしましょう。

このように社内で使われる封筒としては茶色や白を使うものの、取引先や顧客向けに使う封筒はオリジナル色のものを使う企業も増えています。上記を参考にして、自社に合うビジネス封筒の色を選定してみてはいかがでしょうか。

ネット印刷.com