MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

事務用品を作ろう

定期的に掃除をしよう! ゴム印の掃除方法

clean-rubber-stamp

ゴム印は使い続けることで汚れが少しずつ蓄積し、だんだんと文字が潰れて綺麗に押印できなくなってしまいます。そのため印字面を定期的に掃除してあげることが大切ですが、その掃除方法がよく分からない方も多いようです。
ここでは、ゴム印の掃除方法や、汚れを溜めないようにするポイントについて説明していきます。

ゴム印を掃除するときの目安

ゴム印に使われているインクは粘着性を帯びているため、周りのゴミやほこり、紙くずなどを少しずつ吸着します。またインクは乾くと固まってしまうので、ゴミやほこりを吸着し、団子状になったインクが徐々に凹凸の隙間に蓄積されてしまうのです。

汚れが溜まるとにじみやかすれとなり、はっきりしない潰れた印影となって現れます。これは一見ゴムが劣化してしまったと思われがちですが、大半は汚れの蓄積によるものです。

ゴム印を押してみてかすれたり、文字が読み取れなくなってしまったら掃除時期の目安。印字面を見てみると、たくさんのゴミやほこり、固まったインクが表面にこびりついているのがよく分かるかと思います。

ゴム印を掃除する方法

ゴム印を掃除する方法はいくつかありますが、汚れの程度によって掃除方法を分けるといいでしょう。おすすめのゴム印掃除法をいくつか挙げてみました。

印掃ブラシや歯ブラシで汚れを落とす

印掃ブラシ(はんこブラシ)は、印鑑やゴム印の汚れを落とす専用のブラシです。印字面に傷がつきにくいナイロンブラシを採用しているものが多く、優しく印字面をこすることで汚れを落とすことができます。また、歯ブラシでも代用することができます。歯ブラシを使う場合は柔らかいものを使って、強くこすらずに優しく汚れや固まったインクをかき出してください。

セロテープに何度もスタンプする

比較的軽い汚れであれば、セロテープの粘着面に印字面を何度も押す方法も有効です。粘着面にゴミやほこりが吸着されるので、何度かペタペタと押印し、粘着力がなくなってきたらまた新しいセロテープと交換して繰り返します。ガムテープや強粘着のテープを使うと、ゴムが破損してしまう場合があるので、粘着力の強いテープは使用しないようにしましょう。

専用のクリーナーを使う

印字面への汚れや目詰まりがひどい場合は、専用のクリーナー(ソルベント溶剤)で汚れを溶かしながら落とす方法が有効です。クリーナーを少量のティッシュや柔らかい布に染み込ませて、印字面を優しくたたくようにします。何度か行うとインクと汚れが溶け出して新品のような美しさに。ゴシゴシ横に擦らずに優しく行うようにしましょう。シンナーやアルコールなどはゴムを傷める原因となるので、使わないようにしてください。

ゴム印の汚れを溜めない方法

ゴム印が汚れる原因は、ゴミやほこりなどが生乾きのインクに吸着することで発生しやすくなります。
汚れを溜めない方法としては、使用後には空押しを行い、ゴム印についているインクを取り除くことで汚れが付きにくくなります。

また、使用後はそのままにせず、専用のケースなどに入れておき、外部からほこりが侵入しないようにすることが大切です。

そして、ゴム印だけでなく、スタンプ台も汚れが付きやすいため、スタンプ台も定期的に掃除を行うことを心がけましょう。
スタンプ台の掃除は表面の汚れを布などでふき取り、補充用のインキを入れるようにしてください。

このように定期的にゴム印を掃除することで、美しい印字面を保つことができます。上記を参考にゴム印及びスタンプ台を定期的に掃除するようにしてください。

ネット印刷.com