MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

事務用品を作ろう

会社を起業するにあたって必要な印鑑とゴム印は?

rubber-stamp

私たちの生活にとって印鑑はなくてはならないものであり、一般家庭においても「認印」、「銀行印」、「実印」の3つを揃えている方は多いことでしょう。
では、会社を起業する際にはどのような印鑑が必要になるのでしょうか? 今回は会社を起業するにあたって必要な印鑑やゴム印について紹介していきます。

実は起業するとき印鑑は一つだけでもいいって本当?

会社を起業する際は、何となくたくさんの印鑑が必要になるような気がしますが、結論から言うと、印鑑は実印一つだけあれば、それを登記し、銀行口座の開設をして会社を設立することは可能です。

ただ実印を銀行印や認印などと併用してしまうと、悪用されるリスクが高くなるため、それぞれの用途に合わせて複数用意するのが基本です。

起業するときに用意したほうがいい印鑑とは?

それでは、起業するときに必要な印鑑について具体的に紹介していきます。

会社代表者実印

会社の実印にあたるもので、この印鑑を法務局に届けて登記を行います。起業時には必須となる印鑑ですが、重要な契約や手形の発行などにも使用されます。会社代表者実印を押すことは、会社の代表者が決定した(許可した)ものとなり、会社の中では最も重要な印鑑となります。取り扱いには充分な注意が必要で、悪用を防ぐためにも厳重に保管するようにしなくてはいけません。

銀行印

銀行印は一般家庭と同じく、口座を作成するために銀行と契約をするための印鑑です。口座の開設だけでなく、窓口での金銭の入金や引き落としなどにも使われます。会社代表者実印と併用することもできますが、銀行印は使う機会が多く、経理担当者に渡しておく必要もあるため、分けて作っておくほうがリスク回避にもなります。

社印(角印)

社印は会社名が記されている角形の印鑑で、領収書や見積書、請求書などに使われます。また、代表者実印が必要でないレベルの契約書においても使われます。実務レベルで頻繁に使われる印鑑なため、破損や紛失を考慮して複数作っておくといいでしょう。

ゴム印(横書き)

ゴム印は会社名のほか、代表者名や住所、電話番号などを一度に押印できる印鑑で、契約書や銀行振込の用紙などの署名欄などに自分のサインの代わりとして使用します。最近では各項目を組み合わせて使えるセパレート型がおすすめで、さまざまなシチュエーションに合わせた押し方ができます。

おすすめの印鑑の材質

会社代表者実印や銀行印は、長年にわたって使う必要があり、新しく作り変えると登記や申請をやり直さなければいけません。ですから長持ちする本象牙やチタンなど、腐食や変形などが少ない高価なものを選ぶようにするといいでしょう。木材系は安価ですが、耐久性の面からあまりおすすめはできません。

社印は使う機会が多くなるので、コストパフォーマンスのいい木材系のものが人気ですが、経年劣化が少なく摩耗性能が高い金属系の印鑑も注目されています。

ゴム印は大きさが違うものを複数用意しておくといいですが、住所や社名などを組み替えて使用できる便利なゴム印も発売されています。書類や枠の形式によって使い分けることができるので大変便利です。

印鑑は会社設立にはなくてはならないアイテムですが、種類によって用途や重要度が異なります。起業する前には上記を参考にして、必要な印鑑を揃えるようにしてください。

ネット印刷.com