MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

デザインをより良くしよう

名刺は縦型と横型どちらがいい? 名刺作成時のポイント

businesscard-portrait

名刺を作成する際に、みなさんはどちらの向きでデザインを考えますか。よく見る名刺の形式としては横になったものですが、縦型の名刺もときどき見かけます。名刺には横型、縦型でそれぞれメリットがあるため、どちらが正解というよりは、ご自分のイメージに合った名刺をデザインすることが大切です。ここでは横型名刺と縦型名刺のそれぞれのメリットと名刺作成時のポイントを紹介します。

名刺を横型レイアウトで作るメリット

横型の名刺は企業でも個人でも採用している割合が多く、一般的な形式として広く使われています。横型で名刺をレイアウトするメリットには、以下のようなものがあります。

名刺に記載できる情報が多くなる

横型名刺をデザインする際、文字の並びは横にするのが一般的です。横幅が広いので、多くの情報が記載できることはもちろんですが、長くなりやすい住所やEメールアドレス、ホームページのURLなども無理なく入れることができます。

レイアウトが簡単に決まりやすい

横長形式ではレイアウトの自由度が高く、配置やデザインが決めやすいメリットもあります。名前や住所、電話番号などはもちろんですが、会社のロゴなどを配置しても体裁よく決めることができます。

横型名刺は名刺を受取った人が整理をしやすい

世にある名刺の多くは横型であるため、名刺を受け取った人も整理をしやすいメリットがあります。名刺ホルダーなども横型を基準として作られているものが多いので、整理する際にも見やすく保管できます。

名刺を縦型レイアウトで作るメリット

縦型の名刺は、その名の通り縦にしてレイアウトされている名刺で、横型に比べると割合が少ないのですが、その分目立つ存在となります。縦型名刺のメリットも考えてみましょう。

印象に残りやすい

メリットの1つとして「横型より目立つ」ということが挙げられます。大半の名刺は横型であるため、縦型の名刺はもらった際にも印象に残りやすく、後から名刺ホルダーなどに入れてもレイアウトが異なるため、とても目立ちます。人とは違う1枚を渡すことは、ビジネスチャンスの可能性にも繋がるかもしれません。

シンプルなデザインの場合に映える

最近は会社名に所属部署、名前や住所、電話番号、Eメールアドレス……など、名刺には多くの情報を記載しなければなりませんが、シンプルなデザインにするほど縦型の名刺は存在感が増します。情報量が多い場合は、表と裏にレイアウトするのもいいでしょう。

名刺を渡しやすく受け取りやすい

名刺交換をする場面では、縦型名刺のほうが相手に名刺を渡しやすく、また受け取りやすいというメリットがあります。

横型、縦型の場合でも気を付けたい名刺作成時のポイント

レイアウトに関係なく、名刺を作成する際のポイントを紹介します。

URLやメールアドレスは縦型の場合でも横書きにする

縦型のレイアウトでは、文字を縦にして配置することが多いかと思いますが、会社のURLやEメールアドレスといったアルファベットの表記は、横書きにするようにしましょう。アルファベットの縦書きは非常に見づらく、レイアウト的にも格好が悪い配置になってしまいます。

文字の大きさ、フォントをすべて統一するのではなく、メリハリを付ける

名刺の文字の大きさやフォントの種類は統一するより、それぞれで変えたほうがメリハリが出て目立つ名刺になります。楷書体では堅実なイメージとなり、ゴシック体では少し丸く親しみやすいイメージになるなど、使うフォントによってイメージも異なります。特に縦型名刺では平凡なレイアウトになりがちですので、どんな部分を強調したいかなどを考えながら文字を配置するようにしましょう。

このように横型名刺と縦型名刺ではそれぞれ違ったメリットがあります。上記を参考にして、自分がアピールしたいポイントを考えながら、名刺のデザインを決めてみてください。

ネット印刷.com