MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

デザインをより良くしよう

名刺の紙の厚さはどれがいい? おすすめの厚さは?

businesscard-thickness

名刺を作成する際、紙の厚さにこだわりますか? 名刺の紙の厚さはどれも同じだと思っている方も多いかと思いますが、実は厚さにも違いがあり、極端な厚さの名刺は相手の方が名刺を収納するときに名刺入れの中にうまく入れられず、邪魔となることがあるため注意が必要です。ここでは名刺に使われる紙の厚さについて紹介します。

紙の厚さとは?

紙の厚さの単位は3つあり、以下のようなものがあります。

  • 坪量:1㎡当たりの用紙1枚の重量を表すもので単位は「g/㎡」
  • 連量:原紙(細断前の紙の大きさ)1000枚あたりの用紙の重量を表すもので単位は「kg」
  • 紙厚:実際の紙の厚みを表すもので単位は「μm」

聞き慣れないかもしれませんが、コピー用紙などの厚さの単位には「坪量」が使われることがあります。印刷会社などで使われている単位は「連量」が一般的です。名刺の厚さを選ぶ際にも「kg」と表記されていることが多く、厚い紙の方がキロ数は重くなり、薄い紙ほど軽くなります。
連量には原紙の大きさが変わるということを、頭に入れておきましょう。原紙の用紙サイズには、四六判、菊版、A判などがあり、同じ厚みの用紙でも、原紙が大きくなれば連量も大きくなります。比較する場合は必ず同じサイズの原紙で「kg」を確認するようにしてください。近年では一般的に「四六判」と呼ばれるサイズで連量を記載している業者や印刷会社が多いようです。
「紙厚」はその名の通り、実際の紙の厚みをマイクロメートルで表す単位ですが、印刷や紙業界での取引や販売時での単位としてはほとんど使われません。

名刺の厚さにこだわったほうがいい理由

「たかが名刺の厚さくらいで」と思われますが、名刺の厚さで似合う名刺のデザインや名刺を受け取る相手の印象も変わります。薄い名刺は軽量なため、柔らかさや親しみやすさを感じさせ、おしゃれなデザインが似合います。ただ、薄すぎる名刺では、名刺入れに入れて保管するときに名刺がすぐに曲がったり傷んだりしやすくなるため、頼りなく軽そうなイメージになりますし、デザイン次第では安っぽくチープな印象を与えてしまいます。
一方、厚い名刺は名刺入れに入れたときに存在感が出るものなので、弁護士や銀行員などの固めの職業や、重要な取引をする場合などに適しています。しかし厚すぎると名刺入れにたくさん収納できなかったり、名刺の保管方法が大変になってしまうこともありますので、程よい厚さにしましょう。
このように名刺を作るときに厚さにこだわることで、相手に与えたい印象を変えることができます。

名刺の紙のおすすめの厚さ

名刺を作成する用紙の厚さにはさまざまな種類がありますが、比較的薄めが好みの場合には、四六判サイズで連量135kgの用紙がおすすめです。紙質はコシのある上質紙を選ぶようにしてください、光沢のあるコート紙を使用する場合は135kgですとかなり薄っぺらい印象となりますので、160kg以上の紙を選ぶといいでしょう。
また、比較的厚めの名刺を作りたい場合は上質紙で180kg、コート紙を使用する場合は200kgを選ぶと程よい厚みが出ておすすめです。220kgを超える厚紙名刺も作成は可能で、非常に重厚感がある名刺に仕上がりますが、名刺入れに入る枚数が限られ、相手の名刺入れの中でかさばってしまいますので、渡す相手や状況をよく考えて渡すようにしましょう。

名刺作りにはデザインだけではなく、紙の厚さも重要になります。自分が作成したい名刺のデザインイメージや、自社の形態、名刺を渡すシーンなどに合わせたものを選ぶことが大切です。上記を参考に、名刺の厚さにもこだわってみてはいかがでしょうか。

ネット印刷.com