ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

デザインをより良くしよう

ファミリーをターゲットにしたチラシをデザインするときのポイント

family-design

ファミリー向けのチラシを作るときには、どのようなデザインにするべきなのでしょうか。ぼんやりとイメージを思い浮かべることはできても、具体的になにを意識すべきなのかわかりづらいのが、このファミリー向けというカテゴリーです。ファミリーをターゲットにしたチラシをデザインするときのポイントをご紹介します。

ファミリー向けチラシを作るときの基本

例えば両親が30代の家族を想定してみましょう。ファミリー向けと言っても、家族は父親、母親、子供などバラバラの世代・性別の人間で構成されています。そのため、家族の中の誰に向けてチラシを作るのかが問題になってきます。そして多くの場合、ファミリーがターゲットのときは、お父さんよりも「お母さんと子供」を意識したデザインにするのがセオリーです。

その理由は、ファミリーで行動するときの主体はまず子供であり、その子供の意向を汲んで意思決定するのはお母さんだからです。子供を喜ばせたり、楽しませたい、そんな思いを抱えているのがお父さんお母さんですから、子供の気持ちを動かすことが大切になります。商品によっても違いますが、通常はまず子供、そしてお母さんに向けてチラシを作ることを意識してみましょう。

ファミリー向けチラシをデザインするときのポイント

では、ファミリー向けチラシをデザインするときには具体的にどのようなことに気をつければいいのか、押さえるべきポイントを見てみましょう。

デザインにキャラクターのイラスト、ファミリーの写真などを取り入れる

キャラクターを使うのは、子供に興味を持ってもらうためです。動物などのかわいらしさのあるキャラクターを用意しましょう。フリーのイラスト素材の中にもキャラクターとして使えるものがたくさんあります。

また、ファミリーの写真やイラストを使うのも効果的です。こちらは実際に家族でその商品を使っている様子をイメージしてもらうためのものです。ファミリー向けのチラシでは、イラストや写真などのビジュアル要素を積極的に使っていきましょう。

楽しさが伝わるようなデザインにする

全体のデザインも楽しさやワクワク感が伝わるものにします。落ち着いた色よりもカラフルな色使いにするといいでしょう。フォントも、ゴシック体や太く丸みのあるものを選ぶとインパクトがあり、明るい感じになるでしょう。文字に色をつけるのもおすすめです。

ほかにはクイズや迷路、間違い探しなどの遊べる要素を加えるのも効果があります。説明が必要な部分は、キャラクターを使って伝わりやすくするなど、ちょっとした工夫を加えることで楽しいデザインになります。

特典として「無料」や「割引」などのキャッチコピーを入れる

子供が楽しんでくれそうな雰囲気を作ることができたら、あと一押しが必要です。特典を用意し、「無料」や「割引」、「限定」といった言葉を使ってお得感を出しましょう。これは子供ではなく、お母さんに訴求するためです。「一生の思い出に」など家族の大切なものになるという言葉も魅力的に映るでしょう。

ファミリーをターゲットにしたチラシデザインのコツがお分かりいただけたでしょうか。楽しさ、親しみやすさのほかには、安心感を持ってもらうことも大切です。楽しい雰囲気にしつつ、情報の正確さや言葉遣いの丁寧さなどにも気を配りましょう。

ネット印刷.com