MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

デザインをより良くしよう

デザインの幅が広がる! おすすめのフリーフォント!

デザインの幅が広がる! おすすめのフリーフォント!

チラシやポスターのデザインをする際、どんなフォントを使うかは常に頭を悩ませる問題です。そこで市販のフォントだけでなくフリーフォントも視野に入れて選ぶとデザインの幅が広がり、新しいアイデアも生まれてきます。イマジネーションを広げてくれるような、おすすめのフリーフォントを紹介します。

おすすめの日本語フリーフォント

まずは日本語のフリーフォントからです。以下、使いやすく汎用性が高いと思われるものを選んでみました。

やさしさゴシック

作者が「優しい気持ち」で作ったというフォント。手書きのような味わいがあり、それでいて視認性の良さも併せ持っているのが特徴です。ゴシック体なのに親しみやすい印象なので、ターゲットを選ばずさまざまな用途に使えるでしょう。

やさしさアンチック

ゴシック体の漢字と明朝体のかなを組み合わせたフォントです。漫画の吹き出しや辞書の見出し、絵本などに使うことが想定されています。太めにデザインされたかなと漢字は統一感があり、すっきりとした読みやすさがあります。第2水準漢字が用意されているのも嬉しいポイントです。

はんなり明朝

やわらかく、ふんわりとした印象のひらがなとカタカナのフォント。漢字、記号、英数字などはIPA明朝体で補完されています。パッと見の印象はオーソドックスですが、よく見ると和を感じさせる独特の特徴があって、上品な華やかです。特にひらがなで雰囲気を出したいときの候補になるでしょう。

きろ字

手書き風のフォントで、ひらがな、カタカナはもちろん、JIS第一・第二水準漢字、IBM拡張漢字、英数字、さらには罫線、ロシア文字、ギリシャ文字まで用意されているという「総合書体」です。
丸文字を思わせるようなかわいい雰囲気ですが、緻密に作り込まれていて読みやすさも備えています。等幅版、細字版、太字版のほか、文字ごとに幅が異なるプロポーショナル版もあり、とにかく種類が豊富なのも驚きです。

おすすめの英語フリーフォント

続いて英語フリーフォントです。英字を使いたいときにはこれらのフォントを活用してみましょう。

Koara Font Family Free Demo

自然や野生といったイメージを表現することをコンセプトに作られた手書き風フォント。「light」「regular」「bold」など太さ(ウェイト)の異なる文字が用意されています。面白いのは、さらに「rough」と「wild」というビジュアル重視の太いフォントがあること。独特のざらついた質感などを表現したデザインは、ロゴなどに向いているでしょう。

Moon

月をイメージしたシンプルでモダンなフォント。「light」と「bold」の2種類があります。角が丸みを帯びているのでソフトでやさしい雰囲気が漂います。とてもシンプルで美しいく、使い勝手がいいでしょう。

Champagne & Limousines

シンプルでありながらスタイリッシュ、大人っぽい気品を感じさせるフォントです。特に小文字のディテールに一工夫あり、おしゃれな印象を与えます。レギュラーの他、「bold」、「italic」、「bold italic」が用意されています。

Holiday

英語だけでなく、ひらがな、カタカナ、JIS第1水準の全漢字、記号、絵文字まである手書き風フォント。少しくせのある手書き文字が印象的なフォントで、アルファベットも同様のデザインになっています。

フリーフォントをデザインに使うときの注意点

フリーフォントは基本的に無料で使えますが、商用は不可で個人使用のみが許可されているフォントも少なくありません。使用する前に必ず利用規約を確認しましょう。

また、フリーフォントを使用する場合は、印刷所が対応していないことを前提にする必要があります。入稿データ上では必ずフォントの埋め込みとアウトライン化を実行してください。

フリーフォントを上手に利用すればデザインの幅が広がり、個性的な表現が可能になります。お気に入りのフリーフォントを見つけて、積極的にデザインに取り入れてみてはいかがでしょうか。

ネット印刷.com