MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

デザインをより良くしよう

どうすれば良い? 名刺に入れる肩書きの考え方

namecard-title

みなさんは名刺を作成する際、肩書きについて考えたことはあるでしょうか。役職がある方については、入れるに越したことはありませんが、どれくらいの役職から肩書きを入れればいいかなど、疑問に思う点も多いかと思います。今回は名刺に入れる肩書きについて紹介します。

名刺に肩書きは入れたほうがいい?

名刺に入れる肩書きとは、一般的には役職、職種や取得資格などのことをさします。
名刺には自分の名前の前に、会社名や所属部署などを入れますが、役職がある方は肩書きを入れるのが一般的です。役職と言えば「社長」「部長」「課長」「係長」などが思い当たりますが、肩書きを入れることで相手からの信用度が増すことがあります。名刺をもらった際に、肩書きをチェックする人も多いようで、肩書きが入っているだけで優遇されたり、あるいは相手の対応が変わるということもあります。
また、この人はどのような役割で分からない初対面には、肩書きが重要なきっかけとなります。

基本的に名刺に掲載したほうがいい肩書き

名刺に掲載したほうがいい肩書きとしては、「会長」「代表取締役(社長)」「専務」「常務」「部長」「課長」「係長」などがあります。このほか、「リーダー」「主任」「責任者」「室長」なども肩書きとしては使えます。組織内で正式に任命されている役職があれば、記載したほうがいいでしょう。
また、何も役職を持ってない方であっても、職種やどんな役割をしているのかということを示す肩書きがあれば、記載します。専属で何か仕事をしている場合は、「海外購買担当」「設計担当」「WEBエンジニア」など、自身が担当している業務名を入れるだけでも立派な肩書きとなります。また、「一級〇〇士」「〇〇管理責任者」など、資格を持っている場合は、資格名を肩書きの代わりとして入れても効果的です。

個人事業主の場合の役職の書き方

会社所属ではなく、単独で行動する個人事業主は、どのような肩書きにすればいいのでしょうか。
個人事業主としてよく使われる肩書きは「代表」であり、たとえ1人で行動していても代表で問題ありません。お店であれば「店長」、そのほか「責任者」なども使えます。

また、カメラマンやデザイナーなどフリーランスで活動している方や特化した仕事をしている方なら、それを肩書きにするといいでしょう。

名刺に肩書きをいれることで、相手に自分がどのような人物なのか伝えることもでき、相手から信用・信頼されることもあります。自己紹介ツールとしての役割を最大限発揮できるよう、できる限り名刺には肩書きを入れて活用するようにしてください。

ネット印刷.com