MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

デザインをより良くしよう

ネットショップでもチラシが必要? デザインするときのポイント

online-shop-flyer

飲食店やヘアサロンなどのように実店舗を構えている場合、チラシというのは有効な宣伝方法のひとつです。では、インターネット上での集客がメインとなるネットショップの場合はどうでしょうか。一見、チラシでは効果が得られないようにも思われがちですが、実は少しの工夫で有効活用は可能です。そこで今回は、ネットショップのチラシについて、その活用方法とデザインのポイントを詳しく解説していきます。

ネットショップのチラシは必要? その理由は?

商品を選ぶところから始まって代金の支払いまで全てがインターネット上で完結する「ネットショップ」。実際に店舗を構えている場合、その商圏にチラシを配布することで集客に繋げることもできますが、ネットショップでチラシを配布する場合、どのような効果が期待できるのでしょうか。例えば、ネットショップに加え実店舗も構えている場合には、実店舗にネットショップを紹介するチラシを設置することで、ネットショップもあることを知ってもらい、アクセスに繋げることも可能です。また、ネットショップで購入した商品を送る際に、商品にチラシをつけることで、次回の利用をうながすこともできます。個別に郵送するよりもコストを抑えることもでき、利用者にリピーターとなってもらうための後押しとなるでしょう。

ネットショップのチラシに載せるべき内容

では、実際にネットショップのチラシを作成する場合、どのような内容を載せればいいのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

実店舗に設置するチラシの場合

実際に店舗を構えている場合、ネットショップを宣伝するチラシを店舗に設置することで、新たな顧客を開拓することができます。その際には、ネットショップで取り扱っている商品のうち、できれば実店舗と差別化できるものやおすすめの商品を紹介し、手軽にネットショップにアクセスできるように、URLやQRコードなどを載せましょう。

ネットショップで購入してくれた方へ封入するチラシの場合

ネットショップの既存客へ送るチラシの場合、実店舗の紹介や次回ショッピング時に割引が受けられるクーポンコードなどを載せておくことで、リピーターに繋げることができます。

ネットショップのチラシをデザインするときのポイント

ネットショップのチラシを作成する一番の目的は、できるだけ多くの方にネットショップへアクセスしてもらうことです。そのためには、以下のポイントを意識してチラシのデザインを考えるようにしましょう。

ネットショップのサイトとテーマカラーを合わせる

ネットショップのサイトのテーマカラーとチラシに使うカラーを合わせるようにしましょう。ウェブサイトの認知度が高い場合には特に、色調を合わせることで訪れた方に安心感を与えることができるからです。

シンプルなデザインを心がける

ネットショップのメインはあくまでも商品です。商品の魅力が最大限に伝わるように意識して、全体のデザインはシンプルに仕上げましょう。

実店舗がある場合には店舗にチラシを置いたり、ないでもない場合でも商品と一緒にチラシを送ることで、ネットショップにうまく誘導できるような施策をしてみましょう。上記の内容を参考にして、チラシを手に取った方がネットショップにアクセスしてくれるようなチラシをデザインにしてみてくださいね。

ネット印刷.com