MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

デザインをより良くしよう

どんなデザインで採用すべき? 縦書きと横書きの使い分け

どんなデザインで採用すべき? 縦書きと横書きの使い分け

ポスターやチラシ、パンフレット、会社案内などをデザインするとき、縦書きにするべきか横書きにするべきかで悩んだことはないでしょうか。縦書きと横書きとでは、読む人に与える印象やデザインのテイストが違ってきます。デザインにおける縦書きと横書きの違いや使い分け方について解説します。

縦書きを使うと良いシーン

日本の小説は縦書きで書かれているものがほとんどで、新聞も週刊誌も縦書きが主流です。日本には長い文章を読ませたいときには、縦書きを使用する文化が根づいています。社内報や会社案内、リーフレットなど、文章を読んで欲しいという意図で編集する冊子や宣伝媒体では、やはり縦書きを採用しているものが多くあります。

また、日本文化や伝統など、和をイメージしたデザインにしたいときも縦書きが向いています。さらに高齢者向けのチラシやポスターも縦書きがなじむでしょう。高齢者にとっては縦書きのほうが読みやすく、親しみやすいためです。

横書きを使うと良いシーン

パンフレットやカタログでは、英数字やアルファベットがよく使われており、写真を組み合わせて説明のためのキャプションをつけるといった構成もよく見ます。このような冊子や宣伝媒体では、横書きのデザインが向いています。横書きは長い文章を読んでもらうというよりは、小さく分けた情報を読者に取捨選択してもらうようなときにマッチします。

また、現代的で躍動感のあるデザインにも横書きは向いています。その他、若者がターゲットのポスターやチラシは、横書きのほうがすんなり受け入れられる傾向があるようです。これはインターネット上の情報が横書きばかりであることとも関係があるでしょう。横書きのほうが読みやすいという感覚は、今では多くの人に共有されています。

縦書きと横書きをミックスしてデザインをするときのコツ

デザインの能力が上がると、縦書きと横書きを組み合わせたデザイン、レイアウトにも挑戦できるようになります。例えば、ポスターでパッと目立たせたいキャッチコピーは横書き、じっくり読んで欲しい本文(ボディコピー)は縦書きにするといったデザインが仕掛けられるようになります。

縦書きと横書きをミックスしたデザインは、特に何も考えずにレイアウトするとゴチャゴチャとしてどこから読めばいいのかわかりづらいものになってしまいます。

コツは読者の視線の動かし方を意識することです。横書きをメインとすると、多くの人は「Z」型に視線の動かします。その動きを損なうことなく、スムーズに縦書きの文章も読んでもらえるようレイアウトを考えましょう。

また、横書きがメインならその部分の文字を大きく、縦書きの部分を小さくするなど、メリハリをつけるのもセオリーです。一番大きな文字と一番小さな文字の差が大きいデザインを「ジャンプ率が高い」と表現しますが、縦書きと横書きをミックスするときは、このジャンプ率を意識することが大切です。

パンフレットやチラシ、ポスターを作るときは、まず縦書きと横書きのどちらを選ぶか、あるいは両者をミックスするかを決めなくてはなりません。印刷物の目的やターゲットによってどちらがより適しているかを選択し、効果的なデザインを考えましょう。

ネット印刷.com