MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

よりよい文章を書こう!

作る前に知っておきたい! パンフレットの種類

brochure-type

パンフレットには、綴じ方や折りなどによる種類の違いがあります。それらはそれぞれ少しずつ形が異なり、用途や特徴も違っています。今回はそんなパンフレットの種類について解説しましょう。

2つ折りパンフレット

2つ折りは、1枚の紙を真ん中で折る折り加工です。左右対称になるように折り目をセンターにつけるのがスタンダードな2つ折り、あえて左右どちらかにずらして折り目をつける変形タイプの2つ折りもあります。

パンフレットとして使用するときは、表紙と裏表紙を除けば、見開きのページのみで構成するシンプルなパンフレットになります。そのため、掲載する商品数を絞って載せたいというときに向いています。あるいは一つの商品を、見開きすべてを使って大きく大胆なビジュアル(写真)とコピー(文章)で見せることも可能です。

メニューのように開いて相手に見せることもできるので、この2つ折りパンフレットは営業や販売の現場でも使いやすいでしょう。
また、封筒に入れて送るのにも適しています。角2封筒にはA3サイズを2つ折りにしたA4の大きさのパンフレットがちょうど入ります。もっとコンパクトな2つ折りパンフレットを作って、小さな封筒で送ることもできます。

観音開きパンフレット

観音開きは1枚の紙の2箇所に折り目を入れて、3面見開き、6ページ構成とする折り加工です。他に4面見開き、8ページにする折り方もあります。いずれにしろ、ページは左右両側から開き、全開すると最終的に大きな誌面が現れることになります。

パンフレットとして使用すると、2つ折り以上にインパクト、ストーリー性のある見せ方ができます。3面見開きなら、まず左のページを開いたときに現れる最初の見開きで問題提起を行い、さらに右ページを開くと答えが現れる……といった展開ができます。そのため1つの製品やサービスの特性を、ダイナミックに訴求したいときに向いています。
誌面が広いので商品を多く載せることも可能ですが、あまりごちゃごちゃとした構成にすると散漫な印象になってしまうので注意が必要です。

ポケットタイプパンフレット

2つ折りを開いた右のページにポケットを付け、ファイルホルダーのように使えるようにしたのがこのポケットタイプです。ポケットには通常、一枚刷りした紙(ペラ)を数枚入れます。

パンフレットとして使用するときは、2つ折り部分にもビジュアルやコピーをレイアウトしますが、むしろこちらはカバー兼ホルダーの役割を持つことが多いでしょう。メインの役割を果たすのは、ポケットに収めた数枚のペラです。つまり、パンフレットを見る人は、見開きのカバーを開けて、そのポケットに入っているパンフレットを取り出して読む、ということになります。

このポケットタイプパンフレットを採用するメリットは、中に収めるペラの紙を、必要に応じて差し替えることができる点です。商品の内容が変わったときに新しいペラを作って差し替えたり、パンフレットを見せる相手によって中身を差し替えることもできます。パンフレットをフレキシブルな仕様にしたいときにはこのタイプを選ぶと良いでしょう。

中綴じパンフレット

中綴じとは2つ折りにした用紙の、折り目となるセンターをホッチキスで留めて冊子にする綴じ方のことです。週刊誌なども中綴じで、月刊誌などの背表紙があるものは無線綴じと呼ばれる綴じ方になっています。

パンフレットを冊子タイプにするなら、大抵は中綴じになります。ページ数が多ければ無線綴じにすることもできますが、あまりポピュラーとは言えないでしょう。

リーフレット

リーフレットは一枚刷りの印刷物のことです。通常、両面に印刷し、それを複数回折り畳んで使います。コンパクトで簡易的なパンフレットと考えればわかりやすいでしょう。小さいけれど、2つ折りや3つ折など折り目がついているところが、チラシやフライヤーとは異なる点です。店頭に置いて「ご自由にお持ちください」として置いてあるパンフレットなどに使われることが多いでしょう。DMで送りやすいのもいいところです。

パンフレットを作るときは、事前に上記のようなタイプのパンフレットがあることを知っておきましょう。その上で、自社の商品やサービス、訴求したいこと、用途に応じて、最も適した種類のパンフレットを選んでください。

ネット印刷.com