MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

よりよい文章を書こう!

やり取りをスムーズに! 文章の校正記号の使い方

grammar-proof-symbol

印刷物を作る際には、必ず校正という作業が必要になります。校正で文字や文章を修正するには、校正記号を使って指示を書き込むのが通例です。そんなときに役立つ、文章校正記号の使い方をご紹介しましょう。

文章校正をするときのルール

文章校正記号を使って指示を書き込む前に、校正をするときの基本ルールについて知っておきましょう。

まず、文章校正記号は赤ボールペンか細書きの赤サインペンで書き込みます。構成を行うことを「赤(赤字)を入れる」と表現するくらい、これは基本的ルールです。

鉛筆や赤以外のボールペン、蛍光マーカーなどは校正には使わないようにします。ちなみに、校正でない「疑問出し」などに、鉛筆やその他の筆記具を使うことはあります。

また、文章校正記号を使った修正指示は、対象の文字の上に重ねて書くのではなく、余白に書き込むよう注意します。引き出し線を引っ張り出すときも同じです。同じ行にある、訂正箇所の前後の文字に線が被らないようにします。

修正指示を取り消すときには、一度修正を指示した文字の近くに「イキ」や「ママ」と書きます。
さらに、誤った赤字は斜め線を引いて取り消します。分かりづらくなったときは修正液などを使う方法もありますが、通常は「イキ」や「ママ」を使用するのがルールです。

良く使う文章校正記号

以下、これくらいは知っておきたい、文章校正記号の使い方を見てみましょう。

誤字を修正する場合

1
修正する文字の上に斜線を入れ、引き出し線を余白まで引いて正しい文字を書きます。2文字以上の修正は最初と最後の文字に斜線を入れ、間の文字は真ん中にラインを引きます。この斜線を入れる書き方のほか、1文字を丸で囲んで引き出し線を付ける方式もあります。

文字を削除する場合

2
誤字の場合と同じく、削除したい文字に斜線を入れるか、2文字以上の場合は最初と最後の文字に斜線を入れて間の文字は真ん中にラインを引いて指定します。その上で引き出し線を付けて、「トル」と指定します。これで通常は、削除してその部分にできる余白を詰める指定になりますが、きちんと削除&詰めを指定するために「トルツメ」と書くこともよくあります。また、削除した文字分を詰めずに余白のまま残したいときは、「トルアキ」、「トルママ」と指定します。

文字を挿入する場合

3
挿入したい文字と文字の間から引き出し線を引っ張って、その線が枝分かれするようにもう1本線を引き、2本のラインで囲まれた余白に挿入する文字を書き込みます。さらに、文字と文字の間に引いた線の先にも、小さい「>」(縦組みの場合)または「∧」(横組みの場合)を付け、どこに挿入するのかを分かりやすく指定するのが正式です。

字間の空きを詰める、空ける場合

4
字間を詰めるときは、詰めたい文字と文字を「∧」(横組みの場合)、または「>」(縦組みの場合)という記号を使ってつなぎ、「ベタ」と指定します。ベタとは字間がないベタ組みの状態にすることです。反対に字間を空けたい場合には、空けたい文字と文字の間を「∨」(横組みの場合)または「<」(縦組みの場合)という記号を付けます。

改行する場合

5
改行したい文字と文字の間に改行することを表す記号を挿入します。この改行記号を使うと、改行した行は1字分、字下げをすることになります。字下げをしたくないときは、「下ゲズ」または「天ツキ」と付記します。

小書きの仮名を普通の仮名にする、普通の仮名を小書きの仮名にする場合

6
「だった」の「っ」、「ニュース」の「ュ」のような小さい仮名が小書きの仮名です。これを普通の大きさの仮名にするときは、該当する文字に「∨」(横組みの場合)または「<」(縦組みの場合)という記号を付けます。逆に、普通の大きさの文字を小書き仮名に直すときは、「∧」(横組みの場合)または「>」(縦組みの場合)という記号を付けます。

これ以外にも校正記号は数多く有りますが、最低限、これくらいの文章校正の記号と書き方を覚えておけば、印刷所とのやりとりがスムーズになるでしょう。実際に原稿に書き込んで普段から慣れておくようにしてください。

ネット印刷.com