MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

よりよい文章を書こう!

パンフレットに事例紹介を掲載する場合の書き方とは

パンフレットに、製品やサービスを使用した事例紹介を掲載するケースが増えています。事例紹介にはどのような目的、そして効果があるのでしょうか。ここではパンフレットに事例紹介を掲載する際の構成の仕方や、気をつけるべきポイントをご紹介します。

パンフレットに事例紹介を掲載する目的とその効果とは

事例紹介とは製品やサービスを購入し、活用・導入したクライアントの成功事例を紹介するものです。パンフレットのメインコンテンツは商品紹介ですが、事例紹介はそこからもう一歩進んで、商品の購入を考えている人、選択に迷っている人に対して背中を押すアプローチを意図するものと言えます。

パンフレットの読み手の立場からすると、まず、事例が紹介されていることによって、その商品や会社に実績があることが分かります。同時に、その会社の顧客の声を知ることもできます。
そして事例紹介を読み、どのような課題があって、商品を購入することでそれがどのように解決されたかということが分かれば、事例を自分の場合に置き換えてイメージすることもできます。
事例紹介を掲載する効果として最も大きいのは、このケーススタディとして利用できる点でしょう。その結果、似た課題を持つ顧客が増えれば、商品を求める側、提供する側双方にとってメリットがあります。

このように、事例紹介は特にトータルなサービスを売りにしているビジネスや、ITシステムなど、商品説明をしただけでは十分に特長が伝わりにくいものをアピールする際に非常に有効な方法と言えます。

構成を決める

事例紹介の記事では、クライアントの企業名とプロフィール、導入商品名、商品導入前の課題、商品選択理由、導入成果……などを載せるのが一般的です。

基本構成は、厳選した事例を数例、詳細な内容とともに掲載するパターンと、コンパクトにまとめた事例をなるべく数多く載せるパターンとに分けられます。より深く商品の特性をアピールするなら前者のパターンが有効です。ストーリー性を加えて、ドキュメンタリータッチの記事することもできるでしょう。あるいは、さまざまなバリエーションの事例を見せて、幅広いニーズに応えたいのなら後者の構成が適しています。事例が多く載っていれば、「こんな利用法もあるのか」という発見にも繋がるでしょう。

なお、本文は通常の文章のみで構成してもいいのですが、図表や箇条書きを効果的に使う、クライアントのコメントを引用する、といった工夫をすることで、より分かりやすいものにできるはずです。

目を引くタイトルを付ける

各事例紹介のタイトルとタイトル周りのコピーは、どんな「課題」がどう「解決」されたのかがパッと見て分かるものにします。また、目を引くタイトルにするには、新規顧客のニーズを捉えた表現にする、具体的な数字を出して説得力をアップさせる、といった工夫が必要です。「ランニングコストを◯%削減することに成功」といった表現を積極的に使いましょう。

写真やデザインも大切

事例紹介の記事中には、商品写真を載せるとダイレクトな商品アピールができます。クライアントの導入状況が分かる写真や担当者の顔写真も掲載できれば、さらに臨場感が増すでしょう。また、事例紹介はケースによっては内容が複雑になることがあります。分かりやすく見せるには、文章だけでなくデザイン面での工夫も必要です。どのような見せ方をすればすっきりと事例が頭に入ってくるかを考え、良く整理されたレイアウトを組むようにしたいところです。

事例紹介の魅力は、商品に関する詳細な情報を、リアリティーを伴って伝えられることにあります。構成、タイトル、デザインは、そのリアリティーを損なわず、しかも分かりやすく表現することが求められます。こうしたポイントを押さえながら、事例紹介を上手に活用してみてください。

ネット印刷.com