MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

よりよい文章を書こう!

綺麗に写そう! 商品写真の撮り方

product-photo

パンフレットの商品写真を撮影するなら、一眼レフカメラを使うのがおすすめです。その際、美しい写真を撮るにはどんなことに気をつければいいのか、今回は商品写真の撮り方についてご紹介しましょう。

商品写真の重要性

商品パンフレットを開いたとき、多くの人が最初に見るのは商品写真のはずです。その商品写真が「何となく今ひとつ……」な印象だと、商品に対する興味も薄れてしまいます。綺麗な写真、魅力的な写真なら、読者も興味を惹かれ、商品紹介の文章を読もうという気になるでしょう。写真というビジュアル素材はそれくらい意味のある、パンフレットには絶対に必要なものなのです。

どんな商品写真が好まれるか

ではパンフレットに載せる商品写真はどのようなものが好まれるのでしょう。まず、クオリティーが一定水準をクリアしていることは前提条件です。
ボケている写真、ブレている写真、暗すぎる写真、明るすぎて白く飛んでいるような写真はふさわしくありません。しかし、もっと大事なのは、読者が見たいものがちゃんと写っていることでしょう。
形と色がちゃんとわかること、見たい角度から撮ってあること、見たい部分がアップで写っていること、などのポイントを押さえておかなければいけません。

また、やや抽象的な表現になりますが、料理や食品ならシズル感があるおいしそうな写真、洋服なら素材感が伝わってくる写真、アクセサリーやデジタルガジェットならディテールの作り込みやこだわりが感じられる写真が好まれるでしょう。

商品写真の撮り方のコツ

商品写真を綺麗に撮るには、次のようなポイントに気をつけましょう。

白い紙や布を用意する

商品写真を撮るときは、背景紙を用意して撮影するのが基本です。白い紙の他、布を使うこともあります。色は、紙面に載せるときに写真上の商品の輪郭を切り抜いて(キリヌキ)使うなら薄いグレーなどでもかまいません。背景紙も入れて誌面に載せる(カクハン)のときは、背景紙をあえて黒系やグラデーション付きにする方法もあります。なお、背景紙は通常、上部を壁などに留めてすだれ状に下に伸ばし、床の上まで広げて、その上に商品を置いて撮影するという使い方をします。

光の当て方を工夫する

室内での撮影で最も苦労するのが照明です。カメラに付いているフラッシュは直接当てると商品に反射しやすく、影もできやすいのでおすすめしません。機材をそろえるなら、スタンドに設置して光量を調整しながら使えるモノブロックストロボを購入しましょう。または、ライトを用意する方法もあります。メインライトと補助ライトを併用するなどライティングを工夫しましょう。機材を使わず撮るなら、太陽光を利用するのも良い方法です。晴天なら直射光が当たらない、光がよく回る場所を探しましょう。自然光で撮れば、あまり考えずに撮影しても光量が十分で綺麗な写真になります。また、いずれの場合も、レフ板を利用すると光の当て方をさらに工夫できます。

商品の角度をつける

商品写真というとつい真正面からだけ撮ってしまいがちですが、他の角度からの写真も撮っておきましょう。斜めから、少し上からなど、角度のある写真のほうが立体的にとらえられて、的確に商品の雰囲気を伝えられることがあります。また読者が見たい角度もあるはずです。メインカットだけでなく、サブカット用にも何枚か撮るという意識が大事です。

使用しているシーンも撮影する

商品を使用しているシーンも撮影しておくと、より具体的にイメージが伝わります。ファッションアイテムならモデルが着ているところを撮る、スマホのような商品なら手に持っているところを撮るようにすると、使用シーンが頭に浮かびやすく、サイズ感も伝わります。

マクロ撮影で細部の魅力を伝える

細部の作り込みや素材感を伝えたいときは、マクロレンズを使って商品の一部をアップで撮りましょう。マクロ撮影は意外に簡単に、美しく変化のある写真が撮れます。ぜひマクロ用のレンズを用意しておきましょう。

基本的に、商品写真はなるべくバリエーションをつけて撮っておくのがセオリーです。別角度やアップで撮るだけでなく、露出や絞りも変えながら何枚も撮っておきましょう。大事なのは、あとでいろんな写真から紙面に載せるものを選択できるようにしておくことです。ぜひ、これらのポイントを押さえて、撮影に挑戦してみてください。

ネット印刷.com