ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

チラシ、ポスター作成のソフト紹介

エクセルでのチラシ・ポスター作成方法

excel

日頃、表を作ったり、データを管理するのにマイクロソフトオフィスのエクセルを使う機会が多い人なら、エクセルでチラシやポスターを作ることに挑戦してみてはいかがでしょうか。エクセルはレイアウトやデザイン専用のソフトではありませんが、データを作成すれば業者に依頼して印刷してもらうことが可能です。

ここでは、エクセル(2013、2010)を使ったチラシやポスターの作成方法についてご説明します。

エクセルでチラシやポスターが作成できるの?

エクセルはレイアウトやデザイン専用のソフトではありませんが、データを作成すれば業者に依頼して印刷してもらうことが可能です。エクセルは元々表計算ソフトですが、チラシを作るのにも十分な機能を持っています。文字や画像を自由にレイアウトすることはもちろん、テキストボックス内で行間隔や文字間隔の調整や、エクセル上で簡単な画像加工をすることも可能です。

エクセルはセルの枠線がグリッドのような役割を果たしているため、レイアウトがしやすいという特徴があります。また、セルの塗りつぶし機能を使えば図の挿入などをしなくても、枠線や図形を付けるなどの簡単なデザインをすることも可能です。
日頃から、表を作ったりデータを管理するのにエクセルをよく使う方など、操作方法の基本が分かっていれば、チラシを作成するためのノウハウも覚えやすいでしょう。

チラシやポスターを作成するときは「余白」に注意

エクセルで作成したデータはそのまま印刷すると、天地左右の四辺に余白(白枠)ができてしまいます。そのため印刷をする前に、余白をなくす設定をする必要があります。
設定は「ページレイアウト」タブにある、「ページ設定」をクリックすると立ち上がるダイアログボックス内で行います。「余白」タブで余白の数値を設定できるので、全ての数値を「0」に設定して「OK」ボタンをクリックしたら設定完了です。

ただし、余白を0に設定したとしても、断裁をする際にわずかにズレが生じてしまうことがあります。そのため、印刷所に印刷を依頼する場合は「裁ち落とし」のことも考えたデザインをしなければなりません。通常であれば、写真やイラスト、地色などをページ全面の背景にする場合、3mm程度の「塗り足し」を設定して写真などを一回り大きく配置しますが、エクセルでは規格以外の用紙サイズを設定することはできません(PDF変換ソフトで指定する方法はあります)。

違和感がないデザインにするには、あらかじめ天地左右に白をつけたデザインにしたり、地色を白にしたデザインにする必要があります。

テキストや画像の挿入方法と解像度の設定

テキストボックスの挿入

「挿入」タブの「テキストボックス」を選び、縦書きか横書きかを選択してワークシートにマウスをドラッグすると、テキストボックスが挿入されます。このボックス内にテキストを入力することができます。
また、テキストボックス内で右リックをすると出てくる「文字の効果の設定」を選択すると、テキストに色を付けたり影などの装飾をすることが可能になります。

また、その下にある「図形の書式設定」をクリックすると、テキストボックス自体に装飾を加えることが可能になります。

画像の挿入と加工

「挿入」タブの「図」を選択して、ファイルから画像を選んで画像の挿入を行います。
挿入した画像を選択してから「書式」タブにある「色」や「アート効果」を選択すると、色やデザインの変更など画像の加工ができます。

画像の解像度を確認

画像をきれいに印刷するためにはまず、300~350dpiの解像度の画像を用意して、画像が圧縮されないよう設定をする必要があります。画面左上の「ファイル」をクリックして、「ヘルプ」にある「オプション」から設定を始めましょう。「詳細設定」で「イメージのサイズと画質」という欄があるので、「ファイル内のイメージを圧縮しない」にチェックをして「OK」ボタンをクリックすると、画像の圧縮を防ぐことができます。この設定は画像を挿入するよりも前に行うようにしてください。

エクセルでテンプレートは使える?

マイクロソフトオフィスのサイトには、チラシ作成用のテンプレートが用意されています。ただし、ワードやパワーポイントは多くありますが、エクセルのチラシ用テンプレートは他のソフトに比べて少ない傾向にあるようです。

エクセルでテンプレートを利用して作成したいという方は、フリー素材として提供されているものをマイクロソフト以外のサイトから探したり、エクセルでチラシを作成するノウハウ本の付録ディスクを利用するなどの方法をおすすめします。

ネット印刷.com