MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

チラシ、ポスター作成のソフト紹介

インデザインとイラストレーターの違いについて

business-762538_1280

印刷物の制作をしていると、「インデザイン」というソフトの名前を耳にすることが増えます。そこで今回は、インデザインとは果たしてどんなソフトなのか、そしてイラストレーターとどんな違いがあるのかについてご紹介します。

インデザインの概要

インデザインは、イラストレーターやフォトショップを開発・販売しているAdobeの商品で、主に雑誌や書籍など、冊子になる印刷物を制作する際に使われているDTPソフトです。一般的には、イラストレーターやフォトショップの方が知名度は高いですが、実はDTP業界では、前述の2ソフト以上に高い人気を誇っています。インデザインの制作画面はイラストレーターとよく似ていますが、いざソフトを扱ってみると、その機能や使い勝手の違いに驚く人も多いようです。元々はレイアウトソフトとして扱われていましたが、バージョンアップを重ねるごとに、デジタルコンテンツを扱えるようになるなど、少しずつ機能が多様化しています。

インデザインの特徴

インデザインの最大の特徴であり、イラストレーターとの明確な違いは、ノンブルの設定方法にあります。イラストレーターの場合、ノンブルはページ個々に打たなければなりませんが、インデザインではマスターページ上で全てのノンブルを一発で設定・修正することができます。例えば、すでに10ページ分作成している冊子データに、2ページ分プラスしようとした場合、イラストレーターだと追加後にノンブルを1ページずつ修正したり、個々にバランス修正を行ったりしなくてはなりません。しかし、インデザインでは自動ノンブルを置くことで、自動的に全てのページの修正を行ってくれます。そのため、インデザインはイラストレーターよりも、冊子など数ページのレイアウトをストレスなくこなせるソフトだと言えます。
またインデザインは、もともと版下作成のために作られたソフトということもあり、文字組みや表組みをイラストレーターよりも簡単に行うことができます。そのため、チラシなどの一枚物の印刷物であっても、文字数が多いのであれば、インデザインの方が制作に向いているかもしれません。
そのほか、DTPソフトであるインデザインは、イラストレーターに比べて入稿用データに仕上げやすいことや、電子書籍用のデータの出力ができるなど、イラストレーターとは違ったさまざまな特徴を持っています。特に文字を中心に構成されているものについては、インデザインを用いると良いでしょう。

イラストレーターとの違いと使い分け

前述したように、インデザインは冊子などのページが複数あるものや、文字が主体となっている印刷物データを制作する際におすすめのソフトです。ですが、どんな印刷物データを作成する場合でも、インデザインが適しているというわけではありません。両ソフトの販売元であるAdobeでは、インデザインはDTPソフト、イラストレーターはグラフィックデザインソフトと銘打たれています。その名の通り、イラストレーターはインデザインよりもグラフィックデザインを制作する上で優れており、操作性もより繊細です。そのため、より繊細な完成度が求められるグラフィックデザインが主体のものや、比較的グラフィックデザイン要素の多い一枚物のチラシであれば、イラストレーターで制作するほうがおすすめです。

インデザインとイラストレーターにはさまざまな違いがありますが、制作物に応じてソフトを使い分けることで、印刷物の完成度はより高くなります。長年イラストレーターを使用している人にとって、インデザインは少し使いにくいかもしれませんが、慣れればより制作できるものの幅が広がりますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ネット印刷.com