ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

チラシ、ポスター作成のソフト紹介

イラストレーターのパスファインダーの使い方

pathfinder

イラストレーターのパスファインダーという機能を使うと、オブジェクトを加工してさまざまな形を作り出すことができます。パスファインダーとはどのようなものなのか、その概要を解説します。

イラストレーターのパスファインダーとは?

パスファインダーとは、複数のオブジェクトを重ねることで、合成、切り抜き、くり抜きなどができる機能です。オブジェクトの組み合わせ方を工夫することで、複雑な形やユニークな形のオブジェクトを簡単に作り出すことができます。

パスファインダーの使い方

メニューから「ウィンドウ」を選び、「パスファインダー」へ進むと、パスファインダーパネルが表示されます。

あとは、重なり合った複数のオブジェクトを選択し、パスファインダーパネル内のボタンをクリックすれば効果が適用されます。ボタンは「形状モード」に属するものと、「パスファインダー」に属するものがあります。

形状モードでは、AltまたはOptionキーを押しながらそれぞれのボタンをクリックすることで、「複合シェイプ」を作ることができます。
複合シェイプとは、画面上だけの仮のオブジェクトの合成のことです。位置や形の編集が可能で、やり直しをすることもできます。編集したいときは複合シェイプで合成して手直しなどを行い、確定したいときは拡張ボタンをクリックして、「オブジェクトの合成を完了」で保存できます。

パスファインダーでは複合シェイプは利用できず、そのままオブジェクトが合成されます。合成後に編集する場合は、個別のオブジェクトに対して行うことになります。

パスファインダーの機能説明

パスファインダーパネルのボタンにはどのような機能が割り当てられているのか、代表的なものをご紹介します。

合体(形状モード)

複数のオブジェクトをつなげる機能です。「塗り」、「線」、「スタイル」は一番上のオブジェクトの設定で反映されます。図形を合体させて新しい図形を作りたいときなどに便利です。

前面オブジェクトで型抜き(形状モード)

重なり合った前面のオブジェクトの形で、最背面のオブジェクトを型抜きする機能です。前面に何枚のオブジェクトが重なっていても、型抜きされるのは最背面のオブジェクトのみです。

切り抜き(パスファインダー)

重なり合った最前面のオブジェクトの形で、背面にあるすべてのオブジェクトを切り抜く機能です。一番上のオブジェクトに重なる部分のみ残るようにカットする、と考えると分かりやすいでしょう。

アウトライン(パスファインダー)

すべての描画をアウトラインにして、オブジェクトをエッジに分割します。適用後はオープンパスになり、「塗り」、「線」、「スタイル」がすべてなくなります。

合流(パスファインダー)

重なり合った前面のオブジェクトの形で背面のオブジェクトを切り取って、[線:なし]のオブジェクトにします。さらに、隣接している同じ色のオブジェクト同士を合体します。

パスファインダーを駆使すれば、複数のオブジェクトを組み合わせて新しい形のオブジェクトを作り出せるようになります。また、いろいろと組み合わせを試しながら、思いもよらなかった形やデザインのアイデアを得ることもできるでしょう。ぜひ、パスファインダーを使いこなせるようになってください。

ネット印刷.com