ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

チラシ、ポスター作成のソフト紹介

Photoshopのデータが重い……少しでも軽くする方法は?

photoshop-data-lightly

Photoshopで作成したデータは、PSDと呼ばれるファイル形式として保存されます。もともとPSDファイルは容量が大きいことで知られていますが、このファイルの容量を軽くする方法を知っていますか?
今回はPhotoshopのファイルを軽くする方法について紹介していきます。

PSDファイルとは?

パソコンで使用するファイルにはそれぞれ種類があり、拡張子で分けられています。例えば身近なファイルの種類と言えば、エクセルのデータが保存されている「.xlsx」や、ワードのデータが保存されている「.docx」などがあります。
PSDもそんなファイルの種類の1つで、Photoshopを使って作られたデータは「.psd」ファイルとして保存されます。
PSDファイルはビットマップと呼ばれる画像をメインに、画像編集に必要なレイヤーやテキスト、パスなどの情報が記録されています。

特にビットマップ画像は無圧縮のため、容量が大きくなることが知られており、これらを取り扱うPSDファイル自体も、画像の大きさやレイヤーの数によっては、かなりファイルサイズが大きくなります。

PSDファイル(Photoshopファイル)が重すぎると起こる可能性のある不具合

PSDのファイルサイズが重すぎると、さまざまな場面で不具合が起きる可能性が高くなります。

まず、データが大きくなりすぎることで、ファイル自体を開けなくなる可能性があります。仮に開くことができたとしても、ソフトの動きがとても遅くなり、編集や加工に時間がかかりすぎるなどの不具合が起きることもあります。最悪の場合途中で動かなくなってしまったり、強制終了しなければならない事態になることもあるので注意が必要です。

この他、保存に失敗したり、エラーが出て保存できなかったという声も聞かれます。これらはパソコンのスペックにも左右されるため、仮にハイスペックなパソコンで編集や保存ができたとしても、他のパソコンでは動かせない可能性もあります。

PSDファイルを軽くするためにできること

もともと容量が大きいPSDファイルですが、ひと手間加えることで容量を軽くすることができます。以下のことを試してみましょう。

スマートオブジェクトをラスタライズする

スマートオブジェクトは、サイズの変化による画質の劣化を防ぐことができますが、容量が大きくなりやすいため、ラスタライズをすることで容量を減らすことができます。編集の必要がないオブジェクトはラスタライズしてしまいましょう。「レイヤー」→「ラスタライズ」→「スマートオブジェクト」でラスタライズすることができます。

一番上のレイヤーを白く塗りつぶす

一番上のレイヤーを白く塗りつぶすだけで、容量を減らすことができます。嘘のような話ですが、実はPhotoshopにはファイルのプレビュー機能があり、単色のレイヤーを一番上に配置することで、プレビューの容量を減らすことができるためです。

統合できるレイヤーは統合をする

レイヤー同士を統合することでも、容量を大きく減らすことができます。しかし、統合してしまうと作業効率が落ちてしまう場合があるので、結合してはいけないレイヤーまで結合しないよう注意が必要です。よく見極めてから統合を行うようにしましょう。

互換性機能の無効化

PSDファイルには、古いバージョンのPhotoshopや他の画像編集ソフトでも、閲覧や編集ができるようにファイル互換を持たせています。この機能を無効化することで、ファイルサイズを軽くすることができます。他のソフトや古いPhotoshopで編集することがないのであれば、互換性機能を無効化させましょう。方法としては、「編集」→「環境設定」→「ファイル管理」で設定が可能です。

PSDファイルは、ファイルサイズが大きくなりやすく、不具合やトラブルの原因となります。上記を参考にデータの軽減を行い、快適に編集が行えるようにしてみてください。

ネット印刷.com