MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

チラシ、ポスター作成のソフト紹介

フォトショップの入稿・印刷データ作成時のポイント

photoshop-draft-point8

Adobeが販売しているソフトの中でも、比較的多くの方に使われているフォトショップ。趣味の範囲で利用している人もいれば、仕事のためにフォトショップを利用している人もいるでしょう。中でも仕事で使うなら、ぜひ知っておきたいのがフォトショップデータの入稿・印刷データ作成時のポイントについて。知らないで入稿してしまうと、印刷物にエラーが起きるなど、思ったような仕上がりにならないことも。そこで今回は、フォトショップの入稿・印刷データ作成時のポイントについて、A4サイズに仕上がる印刷データ作成過程に沿ってご紹介します。

フォトショップのカンバスサイズの設定方法

まずはフォトショップを立ち上げ、Macではcommand+N、WindowsではCtrl+Nで新規ファイルを作成します(「ファイル」メニューから「新規」をクリックしても同様の画面になります)。今回はA4サイズ(210mm×297mm)が仕上がりサイズなので、塗り足しを各辺3mmプラスして、216mm×303mm(210+6mm、297+6mm)で作成します。

フォトショップのカラーと解像度の設定方法

解像度は350dpiに、カラーモードはCMYKで設定します。WEBサイトのように、モニターで表示するだけであれば、RGB72dpiが最適ですが、印刷データは必ずCMYK350dpiで設定するクセをつけましょう。印刷の線数によっては300dpiでも問題ありませんが、常に350dpiで作っておくクセを付けておけば、いつでも対応できます。

※画像はMac使用のイメージです
フォトショップデータの作成方法に戻りましょう。
メニューバーの表示から新規ガイドを作成します。このガイドが仕上がり線になります。

数値入力で以下のように作成しましょう。
水平方向 3mm
垂直方向 3mm
水平方向 213mm
垂直方向 300mm

こうすると、ガイドの内側がちょうど210mm×297mmになります。

さらに、3mm内側にもガイドを作成します。このガイドが文字切れガイドとなります。
こちらは以下で作成しましょう。
水平方向 6mm
垂直方向 6mm
水平方向 210mm
垂直方向 297mm


以上でドキュメントの準備は完了です。

塗り足しが必要な場合は、画面の端まで延ばすことを忘れないようにしましょう。仕上がり線ピッタリの塗りでは、裁断時に切れてしまう可能性があります。文字切れガイドは、切れてはいけない文字やオブジェクトを、仕上がり線よりも3mm以上内側に配置するという目安の線です。

レイヤーの統合について

入稿前にレイヤーを結合します。レイヤーを結合すると、文字要素や効果などの編集ができなくなるので、必ず別名保存した上で行いましょう。このとき、元データに上書きしないように注意が必要です。
レイヤーウィンドウの右上のサブメニューから「画像を統合」を選択します。


全てのレイヤーが統合され、一つの画像になりました。

この状態にしておけば、文字や効果もラスタライズされるので、予期せぬエラーが起きにくくなります。

データを作成したらそれで終わり、というわけではないのがフォトショップの難しいところ。その後使用するときのことまで考えて作成するクセをつけましょう。

ネット印刷.com