ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

チラシ、ポスター作成のソフト紹介

パワーポイントでのチラシ・ポスター作成方法

powerpoint

マイクロソフトオフィスの中でも、パワーポイントはチラシやポスターを作るのにかなり便利です。プレゼン用の資料作成など、パワーポイントの操作をしたことがある人であれば、それほど難しく感じることはなく、チラシやポスターを作成することができるでしょう。

ここでは、パワーポイント(2013、2010)を使ったチラシやポスターの作成に役立つポイントをご紹介します。

パワーポイントでチラシやポスターが作成できるの?

パワーポイント(通称「パワポ」)はスライドなどプレゼン用の資料を作るためのソフトとしておなじみです。文字や画像を自由にレイアウトすることができるので、イラストレーターなどのデザイン・レイアウト編集ソフトに近い感覚で使用でき、チラシやフライヤー作りに使われることは少なくありません。

プレゼン資料作りのためにパワーポイントを使ったことがある人なら、どうすればチラシやフライヤーのデータが作れそうか、大体想像がつくのではないでしょうか。基本操作はシンプルで、文字や画像のレイアウト方法もワードやエクセルに比べて直感的に行えるのがパワポのいいところです。

【重要!】パワーポイントのサイズ設定について

パワーポイントでは独自のサイズ設定となっています。たとえばパワーポイントのA4サイズ(25.4cm×19.05cm)は規格のA4サイズ(21×29.7cm)と異なっています。縦横比も異なる為、このまま印刷会社へ入稿すると意図しないレイアウトの仕上がりとなってしまいます。まずは正しいサイズ設定に直してから制作に入りましょう。一番重要なポイントですね!

パワーポイント

サイズ入力欄で、規格サイズを数値入力しましょう。 簡単ですね!
規格サイズ一覧はこちらを参照してください。

パワーポイントで塗り足し設定をしよう

チラシやポスターを作る際、ワードが初期設定のままデータを作ってしまうと、印刷時に天地左右のいずれかに余白(白枠)ができてしまうことがあります。この余白を無くし、用紙の端までデザインを入れたい!こんな時は天地左右にそれぞれ3mmの「塗り足し」を設定する必要があります。

あらかじめ少し大きめのサイズでデータを作っておけば、裁ち落としが多少ずれても余白ができることはありません。なお、文字などの切れては困るものは、端から10mm程度内側に配置するようにしましょう。

作成するデータのサイズは、「デザイン」(2003以前では「ファイル」)タブの「ページ設定」で、「スライドのサイズ指定」を「ユーザー設定」で設定することができます。たとえば、A4であれば規格サイズは21.0cm×29.7cmなので、天地左右にそれぞれ3mmの塗り足しを加えて、幅と高さを21.6cm×30.3cmに設定します。なお、ページ設定では印刷の向きのスライドを「縦」に設定すればスライドを縦置きにすることも可能です。

パワーポイントでテキストや画像の装飾をする方法

テキストボックスの挿入

「挿入」タブにある「テキストボックス」で縦書きか横書きかを選択して、シート上でドラッグをすると、テキストボックスが挿入されてテキスト入力ができるようになります。また、同じく「挿入」タブにある「ワードアート」を選べば、さまざまなデザインのテキストボックスを挿入することができます。

テキストの装飾や加工をする

装飾をしたいテキストを選択した状態で、「書式」タブで「ワードアートのスタイル」を選択すると、テキストの色を変えたり、影を付けるなどの効果を付けることができます。

背景デザインを設定する

「デザイン」タブの背景欄にある「背景のスタイル」から、背景のデザインを設定することができます。また、このとき「背景の書式設定」を選ぶと、単色だけでなく、グラデーションの効果など細かい設定をすることが可能になります。

画像の挿入と装飾

「挿入」タブから「図」を選択し、ファイルから挿入したい画像を選択します。

また、「書式」タブの「図のスタイル」で、画像に枠線を付けたり、四角い画像を丸い形に変更することなどができます。

豊富なテンプレートを活用しよう

マイクロソフトオフィスのサイトには、パワーポイントで使用できるチラシ用テンプレートがたくさん用意されており、このようなテンプレートを使えば簡単にチラシを作ることができます。また、テンプレートをアレンジしてチラシ作成をしていけば、テンプレートがどのような構成でデザインされているのかが分かってくるので、今後のチラシ作りにも活かすことができるでしょう。

ネット印刷.com