MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

チラシ、ポスター作成のソフト紹介

どう作ればいい? パワーポイントでのチラシ・ポスターを作成するときのコツ

powerpoint

マイクロソフトオフィスの中でも、パワーポイントはチラシやポスターを作るのにとても便利です。プレゼン用の資料作成など、パワーポイントの操作をしたことがある人であれば、それほど難しく感じることはなくチラシやポスターを作成することができるでしょう。

ここでは、パワーポイント(2016、2019)を使ったチラシやポスターの作成に役立つポイントをご紹介します。

パワーポイントでチラシやポスターが作成できるの?

パワーポイント(通称「パワポ」)はスライドなどプレゼン用の資料を作るためのソフトとしておなじみです。文字や画像を自由にレイアウトすることができるので、イラストレーターなどのデザイン・レイアウト編集ソフトに近い感覚で使用でき、チラシやフライヤー作りに使われることは少なくありません。

プレゼン資料作りのためにパワーポイントを使ったことがある人なら、どうすればチラシやフライヤーのデータが作れそうか、大体想像がつくのではないでしょうか。基本操作はシンプルで、文字や画像のレイアウト方法もワードやエクセルに比べて直感的に行えるのがパワポのいいところです。

パワーポイントでチラシやポスターを作成するときの初期設定

パワーポイントを立ち上げ、いきなりチラシやポスターの作成に取り掛かるのはミスのもと。仕上がりを見て「こんなはずでは……」と後悔することのないよう、最初に確認しておくべきポイントをお伝えします。

まず最初に行いたいパワーポイントのサイズ設定について

パワーポイントは独自のサイズ設定となっています。縦横比もA4 などの規格サイズと異なる為、このまま印刷会社へ入稿すると意図しないレイアウトの仕上がりとなってしまいます。まずは正しいサイズ設定に直してから制作に入りましょう。一番最初に設定しておきたい重要なポイントです。

規格サイズ一覧はこちらを参照してください。

塗り足しを加味してサイズ設定をしよう

併せて注意したいポイントは、印刷する際に考慮しなくてはならない「塗り足し」です。チラシやポスターを作る際に、規定のサイズぴったりにデータを作ってしまうと、印刷時に天地左右のいずれかに余白(白枠)ができてしまうことがあります。用紙の端までデザインを入れたい場合は天地左右にそれぞれ3mmの「塗り足し」を設定する必要があります。

あらかじめ少し大きめのサイズでデータを作っておけば、裁ち落としが多少ずれても余白ができることはありません。反対に、文字などの切れては困るものは、端から10mm程度内側に配置するようにしましょう。

作成するデータのサイズは、「デザイン」タブの「ユーザー設定」にある、「スライドのサイズ」で変更することができます。「スライドのサイズ」を選び、「ユーザー設定のスライドのサイズ」を選択すると設定することができます。たとえば、A4であれば規格サイズは210mm×297mmなので、天地左右にそれぞれ3mmの塗り足しを加えて、幅と高さを216mm×303mmに設定します。ここで印刷の向きのスライドを「縦」に設定すればスライドを縦置きにすることも可能です。

パワーポイントでテキストや画像の装飾をする方法

入力したテキストや挿入した画像をそのまま使うのもアリですが、何らかの装飾や加工を施すとチラシやポスターに書かれた情報をより強く印象づけることができます。操作はとても簡単なので、ぜひ実践してみましょう。

テキストボックスの挿入

「挿入」タブにある「テキストボックス」で縦書きか横書きかを選択して、シート上でドラッグをすると、テキストボックスが挿入されてテキスト入力ができるようになります。また、同じく「挿入」タブにある「ワードアート」を選べば、さまざまなデザインのテキストボックスを挿入することができます。

テキストの装飾や加工をする

装飾をしたいテキストを選択した状態で、「書式」タブで「ワードアートのスタイル」を選択すると、テキストの色を変えたり、影を付けるなどの効果を付けることができます。

背景デザインを設定する

「デザイン」タブのユーザー設定欄にある「背景の書式設定」を選択すると、背景のデザインを設定することができます。単色だけでなく、グラデーションの効果など細かい設定をすることが可能です。

画像の挿入と装飾

「挿入」タブから「画像」を選択し、ファイルから挿入したい画像を選択します。

また、「書式」タブの「図のスタイル」で、画像に枠線を付けたり、四角い画像を丸い形に変更することなどができます。

パワーポイントで目を引くチラシやポスターを作るコツ

チラシやポスターは情報を伝えることを目的としています。より多くの人の目を引いて広く情報を伝達するには、ちょっとした工夫が必要です。パワーポイントの機能を使って目立つチラシやポスターを作るコツをお教えします。

文字や画像の配置を工夫する

文字や画像はただ配置するのではなく、少し工夫をして目立たせましょう。例えば、文字はフォントサイズを大きくするとインパクトが倍増。背景は白地や色をつけるだけでなく、内容に関連した画像を入れるとデザイン性の高いチラシやポスターになります。

画像を背景にして上に文字を重ねるには、まず文字を入力した後に、デザインタブにある「背景の書式設定」をクリック。ファイルを指定して背景に入れる画像を選んで挿入します。文字が読みづらくなった場合は、画像の透明度を調整してください。

画像を美しく印刷するには、チラシサイズのもので300~350dpi、ポスターの場合は150~200dpiの解像度が推奨されています。画像を使用する際は、印刷所に適切な解像度を確認しておきましょう。

豊富なテンプレートを活用する

マイクロソフトオフィスのサイトには、パワーポイントで使用できるチラシ用テンプレートがたくさん用意されており、このようなテンプレートを使えば簡単にチラシを作ることができます。また、テンプレートをアレンジしてチラシ作成をしていけば、テンプレートがどのような構成でデザインされているのかが分かってくるので、今後のチラシ作りにも活かすことができるでしょう。

資料作成などに使うイメージの強いパワーポイントですが、さまざまな機能を活用すればチラシやポスターも簡単にデザインすることができます。上記を参考にして、あなたもチラシ&ポスター作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ネット印刷.com