ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

チラシ、ポスター作成のソフト紹介

パブリッシャーでのチラシ・ポスター作成方法

publisher

マイクロソフトオフィスの「パブリッシャー」。ワードやエクセルなどに比べると知名度が低く、多くの方はあまり耳馴染みがないかもしれません。
パブリッシャーは、チラシやポスターを作るのに最適なアプリケーションソフトです。パソコンにパブリッシャーがインストールされているのなら、その能力を活かしてみませんか?

ここでは、パブリッシャー(2013、2010)を使ったチラシやポスター作成方法についてご説明します。

パブリッシャーでチラシやポスターが作成できるの?

パブリッシャーは元々デザイン性の高い文書を作成するソフトなので、チラシやポスターの作成にはとても向いています。オフィスプロフェッショナルがパソコンに入っている場合、ワードやエクセルなどと一緒にインストールされているはずです。もし、パソコンにインストールされていなかったという場合は、単体で購入することも可能です。

また、このソフトは印刷業者へデータ入稿をすることも想定されているソフトなので、自分が作りたいと思っていたデザインを綺麗に印刷することができます。

ただし、パブリッシャーを使用しているユーザーがそれほど多くないということもあり、オフィスの別のソフトに比べると、操作を覚えることが難しく感じるかもしれません。また、印刷業者によってはパブリッシャーの入稿データに対応していないというところもあるのでお気をつけください。

チラシやポスター作成用のサイズを設定しよう

まずは、パブリッシャーを起動したら「その他の白紙のページ サイズ」を選択して、作成したい大きさの文書の新規作成を行います。そして重要なのが、印刷業者で印刷を行う場合、サイズを設定する際に「塗り足し」が必要になるということ。これがないと、印刷後の断裁時にずれが生じて、天地左右のいずれかに余白(白枠)が残ってしまうことがあります。通常、塗り足しは天地左右それぞれに3mmの幅で設定します。

パブリッシャーで塗り足しを設定する場合は、「ページデザイン」タブのページ設定欄にある「サイズ」から行えます。「ページ設定」を選び、作成したいデータサイズに、幅6mmと高さ6mmを足した数値を入力して「OK」を選ぶと、塗り足し設定ができます。例えば、A4であれば規格サイズは210mm×297mmなので、幅と高さを21.6cm×30.3cmに設定すればOKです。

デザインに便利なパブリッシャーの操作方法

文書パーツの挿入

「挿入」タブにある文書パーツ欄から好きなデザインを選択し、文書上でクリックをすると文書パーツが挿入されます。レイアウト構成に役立つ文書ボックスや見出しのアクセントになる装飾をはじめ、カレンダーの設置や「○○%OFF」という値引き表示の画像など、チラシやポスターのデザインに使えるさまざまなコンテンツを、簡単に挿入することが可能です。

テキストボックスの挿入と装飾

「挿入」タブにある「横書きテキストボックスの描画」または「縦書きテキストボックスの描画」をクリックし、ページ上でマウスをドラッグするとテキストボックスが挿入されます。テキストボックス内で右クリックをし、「テキストボックスの書式設定」を選択すると、テキストボックスに色を付けたり枠線に装飾を加えることが可能になります。

ワードアートの挿入

「挿入」タブで「ワードアート」を選択すると、文字の色やさまざまなスタイルのテキストイメージが表示されるので、自分好みのスタイルを選びます。スタイルを選びクリックをすると、「ワードアート テキストの編集」というボックスが出てくるので、「ここに文字を入力」という文書を削除し、挿入したいテキストを入力します。

画像の挿入と加工

「挿入」タブにある「図」をクリックし、フォルダから画像を選択すると、パブリッシャー内に画像が挿入されます。また、画像を選択した状態で図ツールの「書式」タブを開くと、図のスタイルの変更や枠線を付けるなど、画像に加工をすることができます。

理想通りの色合いを印刷するための設定

パブリッシャーはオフィスの別のソフトと大きく違うのが、カラーモードの設定でRGBカラーではなく、CMYKカラーを選ぶことができるという点です。データ作成時からCMYKモードにしておけば、パソコンの画面上に写る色味と印刷時での色味に大きなギャップを感じることはないでしょう。

CMYKモードにするには、画面左上にある「ファイル」の「商用印刷設定」で「カラーモデルの選択」をクリックし、「プロセスカラー(CMYK)」を選択します。

最初から用意されているチラシのテンプレートを活用しよう

パブリッシャーには、なんとソフト導入時からチラシなどを作成する用のテンプレートが付いています。もちろん、他のオフィスと同様にマイクロソフトオフィスのサイトからダウンロードすることも可能です。チラシのデザインに慣れていない方は、まずはこのようなテンプレートを利用してみるといいでしょう。

また、テンプレートからデータを作成する際に、テンプレートのユーザー設定を変更することもできます。配色パターンやフォントパターンを選択することができるので、いろいろと試しながらデザインをアレンジしてみてください。

パブリッシャーは複雑な加工などもできるソフトなのですが、初心者の方であればまずはテンプレートを使って、家庭用プリンターで印刷してみることから始めることをおすすめします。テンプレートを利用しながら多くの機能の使い方を覚えて、自分でオリジナルのデザインを作れるようになりたいですね。

ネット印刷.com