ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

チラシ、ポスター作成のソフト紹介

イラストレーターの効率化を図ろう! 合成フォントとは?

synthetic-font

合成フォントを利用すれば、これまで面倒だった和文フォントと欧文フォントの組み合わせが簡単に呼び出して使えるようになります。イラストレーターで文字組みをするときに便利な機能、合成フォントの使い方をマスターしましょう。

合成フォントとは?

普段、文字組みを行うときに、和文と欧文でそれぞれ別のフォントを使いたくなったらどうしていますか。
1回だけならまだしも、その同じ組み合わせを多くの箇所で使う場合には、いちいち同じようにフォントを変更し、ベースラインを揃えるという作業が面倒に思えてくるはずです。実際に手間も時間かかります。

そこで役に立つのがイラストレーターの合成フォントです。合成フォントとは、漢字とひらがな、欧文数字で、それぞれ異なるフォントを選んだ組み合わせを作って、簡単に使えるようにする機能のことです。

合成フォントを作るメリット

合成フォントを作るメリットは、楽ができるということに尽きます。もちろん、例えば最初からすべての文字をヒラギノにするというのなら特に問題はありません。漢字も英数字もヒラギノなら、そのままで全体のバランスは整っています。

しかし実際には、タイトルに使っている英数字がヘルベチカなので、本文に英数字がでてきた場合、それに合わせてヘルベチカにしたい、といったことがよくあります。

これを通常の方法でやろうとすると、その組み合わせを使うすべての箇所で、英数字の部分だけを別のフォントにして、バランスを見て大きさが違っていたら変更して、ベースラインを揃えて……といった作業をやらなければいけません。

合成フォントでは、この作業を一回行って設定しておけば、あとはその合成フォントを呼び出すだけで使えるようになります。かかる手間は一度だけで済むため、作業効率が上がるでしょう。

合成フォントの作り方

合成フォントを作るには、まずメニューの「書式」から「合成フォント」を選び「新規」へと進みます。そしてダイヤログボックスで新規合成フォントの名前を付けます。ここでは和文はヒラギノ、欧文はヘルベチカにしたいということで、仮に「ヒラ+ベチカ」にします。

次に、ドロップダウンから、「漢字」、「かな」、「全角約物」、「全角記号」をヒラギノに、「半角欧文」、「半角数字」をヘルベチカにして、OKをクリックします。すると、書式の中に「ヒラ+ベチカ」が追加されます。

そのままでも文字組みに使用できますが、バランスが悪いので、フォントの大きさやベースラインを調整します。合成フォントの「ヒラ+ベチカ」の設定ダイヤログボックスを開き、サイズとベースライン、必要なら垂直比率、水平比率を微調整して、保存しましょう。

あとは使いたいときにその合成フォントを呼び出して使えばOKです。ただし、この合成フォントの機能はCS以前のイラストレーターには備わっていないので注意してください。

自分がよく使うフォントの組み合わせを合成フォントとして用意しておけば、大量のテキストを流し込んで文字組みを作る際に、格段に作業効率がアップします。便利な機能の一つとして使いこなしてみてはいかがでしょうか。

ネット印刷.com