MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

お店・店舗装飾をしよう

雨の日にはどうすれば良い? 雨の日の集客方法!

雨の日にはどうすれば良い? 雨の日の集客方法!

雨の日は客足が落ちてしまうもの……とあきらめてしまうのは早計です。雨の日だからこそできる集客方法、来店を促すアイデアを実践すれば、雨の多い時期でも集客数を確保することが可能になります。今回は雨の日に役立つ集客方法をご紹介します。

雨の日にお客様が激減してしまう理由

雨が降ると、外出をためらってしまう方は少なくありません。会社帰りの買い物や用事は駅ナカなどで済ませて、なるべくまっすぐ帰るということが多くなりがちです。

雨の日にお客様が激減してしまうのは、濡れるのが嫌、傘を使うのが煩わしい、出かけるるのが面倒、何となく気分が乗らない……などの理由が大半ではないでしょうか。わざわざお店に行ったり、外食をしたりするためのモチベーションが下がるのが原因といえます。

だとすれば、お客様のモチベーションを上げる工夫や仕掛けができれば、雨の日でも集客ができるのではないでしょうか。また、雨の日でも快適にお店が利用できるような心遣いや気配りをすることも、お客様の気分に変化を与えられるはずです。

雨の日の集客は、基本的にこのような考え方をベースにすれば成功の糸口が見えてくるでしょう。

雨の日にできる雨の日ならではの集客方法

では、雨の日にはどのようなことをすれば良いのか、集客のためのアイデアを挙げていきましょう。

雨の日限定クーポンや割引をつくる

「飲み物一杯無料」や「トッピング無料サービス」など、雨の日限定のサービスを実施してみましょう。飲食店ではよくあるサービスですが、その他のお店でも、雨の日にだけ次回使えるクーポンや割引券を渡す、あるいは雨の日限定で使えるクーポンや割引サービスを用意するといった形で、お客様のモチベーションを上げることができます。
他にもポイント2倍サービス、限定くじの実施、無料延長サービスなど、業態によってさまざまなサービスが考えられます。

雨の日限定商品を出す

雨の日にしか提供しない、雨の日限定の商品を用意するのも、お客様のモチベーションアップに役立ちます。上記と似ていますが、こちらは話題性に注目してもらうことを狙ったアイデアです。飲食店なら雨の日にしか食べられないメニュー、雑貨店なら雨の日だけに売り場に並ぶグッズを用意するなどの方法が考えられます。「雨の日だからあのお店に行ってみよう」と思ってもらえる仕掛けを考えましょう。

お客様に貸し出し用のタオルと傘を用意する

ここからは心遣いや気配りを感じさせるサービスの提供を考えます。雨の日には来店したお客様に使ってもらうためのタオルを用意しましょう。あるいは雨が降り出したときのために、貸し出し用の傘を用意しておくのも感謝されます。傘の貸し出しは、たとえ返却不要と伝えても「返しにいこう」という心理が働くお客様がいるため、再来店につながる効果も期待できます。

お客様の手荷物入れを準備する

飲食店などでは濡れた床にカバンなどを置かなくてもすむよう、手荷物入れを準備することも大切です。日頃から手荷物入れを用意しているお店でも、雨の日はその中にバスタオルを入れておくなどの心配りをしましょう。

傘の管理に一工夫を

傘を取り間違えられるのではというお客様の不安をなくすために、傘立てを錠付きタイプにする、個別にビニール袋(ポリ袋ではないしっかりとした傘袋)に入れてテーブルの近くに置けるようにするといった方法がおすすめです。これは、傘をしっかり管理することで濡れたままの傘を店内に持ち込ませないようにする方法でもありますので、特に商品を濡らされると困るお店ではこうした対策が必要です。

雨の日の集客のために用意しておくと良い印刷物

雨の日の特別サービス、限定商品などは積極的にチラシなどで宣伝をしてください。特に梅雨時などには目を引くチラシになるはずです。ポスターを作って貼っておくのもサービスの周知につながります。
また、雨の日限定クーポンや割引券は、お店のイメージに合ったデザインで、なおかつサービス内容がハッキリと分かるものを作りましょう。

雨の日のための集客方法を考えることは、お客様に対して「サービスの良いお店」というプラスの印象を与える相乗効果ももたらします。雨の日に何ができるか、じっくりとアイデアを練ってみてはいかがでしょうか。

ネット印刷.com