MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

入稿データ作成をマスターしよう

画像の解像度(かいぞうど)とは? 印刷に最適な解像度の目安と変更方法

resolution

デジカメで撮影した写真を使用する時などは、画像データの解像度について、特に注意を払う必要があります。今回は、印刷した時に紙の上できれいに写真が再現されるかどうかを左右する、「解像度」について解説します。

解像度って何?

写真などのビットマップ画像は、小さな点(ドット)の集まりによって構成されています。画像の解像度は、その画像が1インチ(2.54cm)あたり何個の点が集まってできているかを示す数値のことを言います。単位はdots per inchの略であるdpiで表されます。72dpiであれば1インチあたり72個のドットが集まって画像を作っているということで、この数字が大きいほど「解像度が高い」ということになります。解像度とは画像の密度(精細さ)を表す尺度であり、値が高いほどより高密度な画像ということです。

dpi説明

解像度の低い画像を印刷するとどうなる?

では、解像度の低い画像を印刷するとどのような仕上がりになるのでしょうか? 下記は、解像度が350dpiと72dpiの画像データを印刷した場合のイメージです。350dpiの方は、写真のディテールがきめ細かく再現されており、文字のアウトラインも滑らか。全体的に鮮やかで美しい仕上りになっています。

一方、72dpiの方はというと、写真や文字の輪郭にジャギー(階段状のギザギザ)が出てしまい、全体的にぼんやりとした印象の仕上がりに。特に小さな文字は、拡大しても読み取り辛く、情報を正確に伝えることができません。このように、写真や文字が判別しにくいほど画像の解像度が低い場合、データの修正が必要になることもあるので注意しましょう。

350dpiの場合
5 印刷解像度 350dpi

72dpiの場合
5 印刷解像度 72dpi
 

印刷に適した解像度の目安は?

画像データの印刷に適した解像度は、印刷物の用途やサイズによって異なります。仕上がりサイズの実寸でデータを作る場合に必要とされる解像度の目安をまとめましたので、参考にしてください。

チラシや冊子等のフルカラー印刷の場合

A3サイズ程度までのチラシやカタログ冊子など、至近距離で見る紙媒体にフルカラーで印刷する場合、最適とされている解像度は300~350dpiです。カラーの写真やイラストが美しく再現され、文字もストレスなく読み取ることができます。

離れて見るポスター等を印刷する場合

離れた位置から見るような大きなサイズのポスターは、多少輪郭が粗くても問題ないため150~200dpi程度の解像度があれば十分。もちろん、解像度を高くすればより美しく印刷することも可能ですが、データ量が大きくなり過ぎると処理に時間がかかり、印刷が難しくなることもあります。高解像度のポスターを作成する場合は、事前に印刷会社に確認するようにしましょう。

モノクロの原稿を印刷する場合

至近距離で見る紙媒体にモノクロで印刷する際には、600dpi程度の解像度が適しています。カラーよりも高い解像度が求められることに疑問を感じる方もいるかもしれませんが、カラーは4色以上使えるのに対し、モノクロは黒1色で画像の濃淡を表現しなければいけないため、より繊細なディテールが求められるのです。

また、白と黒だけで表示される画像は「モノクロ2階調」と呼ばれ、線画や手書き文字などによく用いられます。こちらは解像度1200dpi程度での作成が推奨されています。

画像データの解像度を確認する方法

デジカメやスマホで撮影した写真をパソコンに取り込むと、その画像データの解像度は72dpiになっています。これはどんなカメラで撮影した写真でも同じです。
画像データの解像度を確認したいときは、Windowsなら画像ファイルの右クリックから「プロパティ」と進んで「詳細」タブ、または「概要」タブ(詳細設定)を見ると「水平方向の解像度」「垂直方向の解像度」という項目があります。また、MacOS 10.5以降では、画像をプレビューで開き「ツール」→「サイズを調整」と進むと、「解像度」という項目で確認できます。パソコンに取り込んだ写真を、印刷するデータの中で画像データとして使用するには、解像度を300dpi~350dpiに変更する必要があります。

Photoshopで画像データの解像度を変更する方法

印刷用に解像度の変更を行うには、Photoshopを使用するのが一般的です。なお、Photoshopでは解像度はdpiではなくppiで表しますが、同じものと考えても作業に支障はありません。

Photoshopで画像を開いたら、メニューから「イメージ」→「画像解像度」を選択します。次に現れた「画像解像度」の画面では「ピクセル数」と「ドキュメントのサイズ」を確認できます。
「ピクセル数」の「幅」と「高さ」は、画像データの横と縦のピクセル(ドット=点)の数を示しています。「ドキュメントのサイズ」の「幅」と「高さ」は、実際に印刷される時の画像の横と縦の長さを示しています。800万画素程度のデジカメで撮影した写真だと幅は1mを超える巨大なものになっているので、これも解像度と一緒に変える必要があります。
その下にはこれから変更しようとしている「解像度」があり、さらにその下には「スタイルを拡大・縮小」「縦横比を固定」と「画像の再サンプル」という3つのチェックボックスが並んでいます。
まず画像サイズを変更するために「画像の再サンプル」のチェックを外して、「ドキュメントのサイズ」の「幅」か「高さ」のどちらかに印刷時のサイズを入力します。次に「画像の再サンプル」にチェックを入れて(「縦横比を固定」にもチェックを入れておきます)、「解像度」をたとえば「350」に変更します。
こうすると、先ほど入力したサイズを変えることなく画像の解像度を上げることができます。また、解像度を固定したまま、サイズだけを変更することもできます。

画像データの解像度を変更するときの注意点

「画像の再サンプル」にチェックを入れて解像度を上げたり、サイズを大きくすると、画像は劣化します。そこで「画像の再サンプル」の下にある「バイキュービック法(滑らかなグラデーションに最適)」を選んでおくと比較的劣化が目立たなくなります。

また、なるべく劣化が少ない状態で解像度を上げるには、大きなサイズの画像データを用意する必要があります。800万画素程度のデジカメの画像データであれば、通常のサイズで使用する分には問題なくきれいに印刷できるでしょう。

画像の精細さを表す尺度である「解像度」は、画像データを紙に印刷する際にも重要な数値です。画像データを扱う時や、それを使って紙媒体を作成する時は、上記を参考にして解像度への理解を深めておきましょう。

ネット印刷.com