MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

販促効果の高いチラシ、ポスターを作成しよう

どうやって貼れば良い? ポスターの効果的な貼り方とは!

画鋲
セールやイベントなどを告知するために、ポスターを作成することがあります。伝えたい内容をしっかりと詰め込んだ素敵なポスターが仕上がったら、次はそれを貼らなくてはいけません。ここで重要になるのが、「ポスターの貼り方」です。
ポスターによる宣伝効果を最大限に高めるためには、貼り方のポイントをきちんと理解しておく必要があります。というわけで今回は、ポスターの効果的な貼り方について一緒に勉強していきましょう!

お客さんを集めるためのポスターは何処に貼れば良い?

ポスターを貼る際に気をつけたいのが、そのポスターを「どこに貼るのか」ということです。例えば、子ども用イベントの告知をするためのポスターを、ビジネスマンが集まるエリアに掲示してもあまり意味がありません。大切なのはターゲットとする人たちにきちんと見てもらうこと。どんな人がどのような場所に集まっているのかをしっかりと理解して、的を絞って貼っていくと良いでしょう。
では、場所によってどのような違いがあるのか、具体的に見ていきましょう。

店舗オープンの告知や新商品の宣伝など、できるだけ大勢の人に見てもらいたい内容のポスターなら、駅に貼るのがおすすめです。ただし、不特定多数の人に見てもらえる一方で、じっくり見てもらえる可能性が少ないというデメリットも。駅にポスターを貼る場合には、通り過ぎる人たちにインパクトを与えられるデザイン性の高いポスターを作ることが求められます。

電車やバスの中

駅とは反対に、時間をかけてポスターを見てもらえる可能性があるのが電車やバスなどの車内です。駅に貼るポスターとは違ってサイズは制限されてしまいますが、日時や場所以外にも文字で魅力を伝えることができます。電車やバスの路線によっては、ターゲットを絞った掲示も可能でしょう。

カフェやファミレスの中

子育て世帯、ビジネスマン、学生などターゲットを絞って宣伝をしたい場合には、ターゲット層が集まりやすい場所を選んでポスターを貼りましょう。カフェやファミレスはお店の場所によって学生が多かったり、ビジネスマンが多かったりと差がありますので、事前にリサーチしておくのがおすすめです。

ポスターの効果的な貼り方

告知をしたいターゲットに合った最適な場所が見つかったら、いよいよポスターを貼っていきます。ここで大切なのが「ポスターの貼り方」です。ちょっと工夫をするだけで、ポスターの宣伝効果は格段にアップします。実際にポスターを貼る場合には以下のポイントに気をつけましょう。

出入り口に貼る

セールの告知や新製品の発表を目的としたポスターは、店舗や会社の出入り口に貼るのがおすすめです。その場所を訪れた人に効果的にアピールすることができます。

人の目線より少し上もしくは下になるような高さで貼る

ポスターを貼るときには「見てもらいたい!」という思いから、ついつい人の目線の高さに合わせてポスターを貼ってしまいがちですが、それでは主張が強すぎてしまって見る人によっては不快に感じてしまうことも。
さりげなく視線に入れてもらうためには、目線よりも少し下がおすすめです。ただし、下り坂などに貼る場合には目線より上に貼った方が見やすい場合もあるので気をつけましょう。

付近に連続で複数枚貼る

できるだけインパクトを与えたい場合には、ポスターを複数枚続けて貼ってみましょう。特に文字情報が少なくデザイン性の高いポスターであれば、宣伝効果は大きくアップするはずです。

せっかくポスターを作っても、それがターゲットとする層に見てもらえなければ意味がありません。たくさんのお客さんを集めるためにも、ぜひ上記の内容を参考にしてポスターの効果的な貼り方のポイントを押さえておきましょう。

ネット印刷.com