MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

ネット印刷を上手に利用しよう

何を作るのに向いている? 上質紙の特徴

何を作るのに向いている? 上質紙の特徴
パンフレットやダイレクトメールなど印刷物を作成する際に大切なのが、どんな紙を使用するのかということ。仕上がりに影響する重要な部分ですので、それぞれの紙の特徴を理解して、最適な紙を選ぶことが大切です。
そこで今回は、印刷の際に使われる紙のなかから「上質紙」をピックアップ。その特徴とおすすめの用途について詳しく解説していきます。

上質紙とは?

上質紙は印刷に使われる用紙のなかで最も一般的な紙のことで、化学薬品を使って木材から取り出した繊維物質「化学パルプ」の配合率が100%のものを指します。
「上質」というと高級なイメージで価格も高そうに思われがちですが、実際には需要が高く生産量も多いため、中質紙やざら紙など他の用紙と比べて低コストで利用することが可能です。用紙のサイズや厚みなどのバリエーションも豊富で、さまざまな用途に使われています。
ちなみに使用済み、または加工時に回収した古紙パルプを原料にして作られた紙は「再生上質紙」です。上質紙と比べると紙の白色度はやや劣りますが、森林資源の保全やゴミ削減など環境への配慮から、上質紙の代わりに再生上質紙が選ばれるケースもあります。品質的には上質紙に劣る再生上質紙ですが、製造工程が複雑で古紙回収のコストなどがかかるため、上質紙よりも値段は割高です。

上質紙の特徴

上質紙は表面にコーティングが施されていないため、鉛筆やサインペン、ボールペンなどで書いた場合にインキが乾きやすく、筆記性に優れています。ただし、パソコンで作成したデータを印刷する場合、モニターで見ていた色よりも沈みぎみでやや暗く感じられるという特徴があり、写真が多いカラー印刷などは少し苦手とします。カラー印刷をする場合には、あらかじめパソコン上で色味を少し明るくしておくのもおすすめです。ちなみに、上質紙には最初から紙に色がついている「色上質紙」と呼ばれるものもあります。用途に応じて使い分けると良いでしょう。

上質紙は何を作るのに向いている?

用紙サイズや厚みなどのバリエーションが豊富な上質紙は、さまざまな印刷物に使うことができます。上質紙の主な用途を詳しく見ていきましょう。

パンフレット

厚手の上質紙がおすすめです。ただし、上質紙は表面にコーティングがされておらず、紙にインキが吸われやすいという特徴があるため、貴金属や宝石などのように光沢感を表現したい商品のパンフレットは避けた方が良いかもしれません。

小説、論文などの書籍

上質紙は紙の表面にコーティングがされておらず、光沢やつやが少ないため、小説や論文などのように文字量の多い書籍におすすめです。ページ数が多い場合には、薄手の上質紙を選びましょう。

ノート

筆記性に優れている上質紙は、ノートへの利用にぴったり。コート紙やマット紙と比べて鉛筆やボールペンなどが馴染みやすのが魅力です。

ダイレクトメール

ある程度厚みのある上質紙なら、ビジネス用の名刺やダイレクトメールに使うこともできます。落ち着いたカラーのデザインにするのがポイントです。

封筒

表面コーティングがされていない上質紙は、平滑感が劣るという欠点がありますが、鉛筆やボールペンでの筆記性が高いため、宛名などを書く封筒にはおすすめです。

スタンプカード

上質紙は紙がインキを吸収しやすいという特徴があるため、スタンプカードなど早くインキを乾かしたい印刷物にぴったりです。やや厚手の上質紙を使いましょう。

印刷で紙の選択に迷っている際や、上質紙を使う際には、上記の内容を参考に上質紙の特徴を理解しておきましょう。

ネット印刷.com