MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

ネット印刷を上手に利用しよう

何を作るのに向いている? マットコートの特徴

何を作るのに向いている? マットコートの特徴
カタログやパンフレット、名刺、ポスターなどの印刷物を作成する場合、どのような用紙を使用するのかによってその仕上がりは大きく違ってきます。ひと口に「用紙」といっても、その厚みや表面の手触り、価格はさまざまで、それぞれの特徴と最適な用途というものをきちんと理解しておくことが大切です。
そこで今回は、表面の光沢を抑えた上品な仕上がりが魅力のマットコート紙について、その特徴や用途を詳しく説明していきます。

マットコート紙とは?

マットコート紙というのは、コート紙と同じく紙の表目にコート剤と呼ばれる塗料が塗布された塗工紙の一種です。上質紙や中質紙が原紙となっていて、表面処理によって光沢が抑えられています。コート紙並みに着色効果が高い一方で、光沢が抑えられていることから文字が読みやすいため、カタログやファッション雑誌、商品パンフレットのように、写真などの画像と文字が一緒に並ぶ印刷物におすすめです。
また、同じマットコート紙であっても、オンデマンド印刷かオフセット印刷かによって、仕上がりの風合いに違いが生じます。

マットコート紙の特徴

マットコート紙の一番の特徴は、その名の通り光沢が抑えられたマットな質感があるということです。コート紙と比べると色味が沈んで表現されますが、印刷物を上品で落ち着いた印象に仕上げることができます。

また、表面の光沢が強いコート紙は鉛筆やボールペンで書き込んだり、スタンプを押したりするのには不向きですが、光沢が抑えられているマットコート紙は筆記性にも優れていて、インキを使ったスタンプを使用することも可能です。
しっとりとした紙の質感と手触り感も魅力で、アート系のポストカードやポスターなどにも使うことができます。

マットコート紙は何を作るのに向いている?

光沢を抑えたマットな質感と、しっとりとした手触りが魅力のマットコート紙は、印刷物を上品で落ち着いた印象に仕上げたいときにおすすめです。では、マットコート紙の主な用途を見ていきましょう。

ポスター

イベント告知や商品PRのためのポスターには、写真だけでなく案内のための文字が多く入ることがあります。光沢の強いコート紙を使ってしまうと、紙の表面が光を反射してしまい可読性が低くなってしまいますが、マットコート紙であれば光沢が抑えられているため、写真の美しさを保ちながら文字の読みやすさも改善することが可能です。

名刺

落ち着いた上品な雰囲気を保ちながら、一般的な名刺との差別化を図りたい場合には、マットコート紙を使って名刺を作成するのがおすすめです。色のトーンを抑えたマットな質感が光沢紙にありがちなギラギラした印象を防いでくれます。

パンフレット

商品の色味を正確に再現しながら、上品で落ち着いた印象のパンフレットに仕上げたい場合には、マットコート紙がおすすめです。ただし、宝石や自動車など商品の光沢を強調したいときには、マットコート紙でなくコート紙を選んだ方がいいかもしれません。。

カタログ

光沢を抑えたマットコート紙なら、用紙の表面が光を反射してチラつくのを抑えてくれるため、写真の美しさを維持しながら文字の可読性を上げることができます。

用紙の質感を楽しみながら美しい色の表現ができるマットコート紙。アート作品の絵ハガキをはじめさまざまな用途に使うことができますが、実際に利用する場合には、上記の内容を参考にして、紙の特徴をきちんと理解しておきましょう。

ネット印刷.com