ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

デザインをより良くしよう

マッサージや整体の宣伝チラシをデザインするときのポイント

flyer-design

マッサージや整体を新規オープンした、オープンして随分経つものの新規のお客さんが来てくれない。そんな悩みを抱えた方も多いのではないでしょうか? 今回は、マッサージや整体のチラシについて、載せるべき内容やデザインのポイントについてなどを解説します。

マッサージや整体の宣伝チラシに載せるべき内容と構成

いくらデザインの見栄えが良くても、構成(含める内容や情報の並べ方)が整理されていなければ良いチラシとは言えません。構成がうまくいっていないチラシは、情報があちこちに飛んで頭に入りづらく、お客さんの印象に残らないまま終わってしまう可能性が高いからです。
反対に、良いチラシは、上から下まで読み終えた時に、「マッサージを受けてみたい!」と思える情報の並びになっています。
つまり、1.お客さんの興味を引きつけ、2.説明し、3.行動をうながすような情報が過不足なく盛り込まれ、適切な順序で並んでいるものが良いチラシと言えます。そのためにも、まずはデザインに取り掛かる前に、伝えるべき情報を頭の中で整理しておくことが大切です。

お店のキャッチコピー

他店と比較し、自分のお店の特長やターゲットを明確化した上で、思わず読みたくなるような魅力的なキャッチコピーをチラシ上部に配置しましょう。

店名、営業時間、お店の場所などの基本情報

お客さんが来店する時のために、電話番号や営業時間、住所、地図などの基本情報は必須です。例えば営業時間が書かれていないと、今すぐ行ってやっているかな?などと疑問に思った際の回答が得られないことになり、分からないからいいやと、あきらめたり他の店に流れたりしてしまいます。

施術のメニューの紹介

どんな施術、メニューがあるのか紹介します。それぞれ、かかる時間や料金についても明記しておきます。

お得なクーポン、キャンペーン情報など

割引クーポンやキャンペーン情報、実際のお客さんの口コミなどを掲載し、「このお店に訪れてみたい!」と思った方に最後の一押しをしましょう。キャンペーン期間中の安さが売りの場合は、大きく目立つように料金を掲載すると行動をうながすきっかけになります。

マッサージ店の宣伝チラシをデザインするときのポイント

整体やマッサージは体の接触を伴いますので、初めて訪れる方は少なからず不安を感じるものです。それではチラシをデザインする際には、どうすれば安心感を与えられるのでしょうか?

清潔感が伝わる色を使う

白を基調とした色使いで明朝体フォントを使うなど、マッサージや整体のチラシで大切な清潔感と品の良い感じを与えることを心がけてみましょう。
美意識の高い女性がターゲットの場合は、ピンクや黄色など明るい色を使って洗練された印象に、高齢者がターゲットの場合は、緑色や紫色を使って落ち着いた印象にするなども良いでしょう。

実際の施術写真を使用する

どんな空間で、どんな人が施術をするのかと、何となくでも知っておきたいものです。実際の施術イメージとなる写真を使用しましょう。写真を利用するのは、目を引きやすい、何のチラシなのかが一目で分かるといった理由もあります。

施術内容と金額はパッと見ただけで分かるように目立たせる

施術内容と金額は、お客さんが一番気にする、検討の材料となる部分です。すみっこに説明を無理やり入れるのではなく、メインの情報として目立たせましょう。説明不足でも、説明過剰でも良くありません。チラシのサイズに合わせて、過不足なく盛り込みます。

チラシを作る際には、いきなりデザインから始めるのではなく、伝えるべき情報をあらかじめ整理しておくことが大切。その上で、ターゲットが好むデザインに仕上げれば、集客力のあるチラシを作ることができます。また、あはき法や医薬品医療機器法、医師法など様々な法律が関わってきますので、表現が違反していないかどうかも必ずチェックするようにしましょう。

ネット印刷.com