MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

チラシ、ポスター作成のソフト紹介

イラストレーターとフォトショップの違いについて


アドビシステムズ株式会社が提供している「イラストレーター」と「フォトショップ」は、どちらも非常に多機能なソフトです。いずれもグラフィックデザインや、出版物の印刷データをコンピューター上で作成する「DTP」の作業によく使用しますが、その2つの違いが分からないという人もいるでしょう。今回は両者の特徴の違いについてご紹介します。

「ビットマップ」と「ベクター」の違い

イラストレーターとフォトショップの違いを説明するときに必ず出てくるのが、「ビットマップ」と「ベクター」という言葉ですが、この2つはそれぞれどのような意味なのでしょうか。

簡単に言うと、フォトショップは点の集まりでできた「ビットマップ画像」を扱うソフト、イラストレーターは拡大縮小しても画質が劣化しない「ベクター画像」を扱うソフトです。

フォトショップで扱うビットマップ画像データは、小さな点(ドット)の集まりでできているため、画像を何倍にも拡大すると粒子が荒くなり、ドットが見えてしまいます。

一方イラストレーターで使うベクター画像には点の集まりは存在しません。ベクター画像は座標を指定して点や直線、曲線などを描画したもので、ファイルには座標と線(ベクター)などの数値情報のみが記録されています。パソコンはその数値データをもとに、演算して画像を再現するという仕組みです。

イラストレーターが得意な作業はロゴや簡単なイラストの作成

イラストレーターはもともとドローソフトと呼ばれる画像描画ソフトで、イラストや図面を描くのによく使われており、人工的な画像の作成を得意としています。図形を作るための機能が揃っているので、それらを組み合わせてロゴやイラストを作ったり、画像を劣化させることなく拡大縮小や変形させたりして使うことができます。

さらに、DTPにおいては、イラストレーター形式のファイルを作れば、そのまま入稿できるのが、最も便利な点でしょう。入稿データを作るためには専用のDTPソフトを使う方法もありますが、チラシやポスターなどデザイン性が必要なものなら、イラストレーターでレイアウトし、仕上げて入稿したほうが手っ取り早いと言えます。

また、イラストレーターを使えば、ウェブサイト向けのレイアウトやデザイン、パーツ作成などを行うのはお手のものでしょう。そのため、イラストレーターは出版物だけでなく、ウェブデザインに活用する人も増えています。

フォトショップが得意な分野は写真などの画像編集加工

フォトショップはビットマップ画像の編集ソフトです。カメラマンが自分で撮った写真を編集(フォトレタッチ)したり、イラストレーター(ソフトではなくイラストを描く人)がペイントソフトで描いたイラストを加工したりするのによく使われます。

DTPでも、やはり写真を編集加工するのに使う機会が一番多いでしょう。写真の中の人物だけを「切り抜き」したり、写真の大きさを変えたり、写真の中で必要ない箇所を消したりといった作業では、フォトショップが欠かせません。写真をDTP用に適切なサイズにするのにもよく使われます。
そして、編集した画像は、最終的にはイラストレーターを使って文字などと組み合わせてレイアウトし、入稿データに仕上げるのが一般的です。フォトショップはいろいろなことができるツールというよりは、高度な画像処理に特化したツールといった立ち位置です。

2つのソフトを使うなら「サブスクリプション」を利用する

イラストレーターとフォトショップは非常に便利なソフトですが、プロのデザイナーで会社などから支給される場合を除けば、高価すぎてなかなか手に入れることができません。

そこで、イラストレーターとフォトショップのメーカーであるアドビシステムズ株式会社では現在、これらのソフトを「サブスクリプション」サービスである月額制によって提供しています。
具体的には「Photoshop CC」、「Illustrator CC」など15製品を「CCシリーズ」と題してリリースしており、インターネットや電話で購入することができます。

イラストレーターやフォトショップは、印刷物やウェブサイトのデザインをする上でとても便利なソフトです。ただし、個人で利用するには高額すぎるため、個人的にチラシやポスターを作るためにこれらのソフトを使いたいという場合は、サブスクリプションを利用して1カ月、もしくは1年だけなど、期間を限定してソフトを使うこともできます。プロのような仕上がりのデザインに自分で挑戦してみたいという方は、サブスクリプションの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ネット印刷.com