MENU

ネット印刷.com 印刷知恵袋

印刷情報コラム

MENU

チラシ、ポスター作成のソフト紹介

ポスターやチラシを作成するソフトにはどんなものがある?

illustrator

パソコンを使ってチラシやポスターを作成するにはアプリケーションソフトが必要です。今回は、印刷業者に入稿するためのデータを作るアプリケーションソフトにはどのようなものがあるかをご紹介します。

プロも使用している「イラストレーター」

チラシやポスターのデータ原稿を作るためのソフトとして最もメジャーなのが、アドビシステムズ株式会社が提供している「イラストレーター」(通称「イラレ」)です。
このイラストレーターは、元々はドロー系と呼ばれるグラフィックソフトですが、雑誌や広告を作成するプロのグラフィックデザイナーの間でもよく使われています。チラシやポスターを作るときは、おもにデザイン、レイアウトの編集ソフトとして使用することになります。

イラストレーターを使えば、キャッチコピーや写真、イラスト、ボディーコピーを組み合わせてレイアウトしたり、テキストを段組にしたり、文字間の距離を微妙に調整したりといったことが自在に行えます。

また、アドビシステムズ株式会社のソフトにはほかに、「フォトショップ」という画像編集ソフトや、「インデザイン」というDTPソフトなどがあります。イラストレーターはこれらのソフトとも親和性が高いため、組み合わせて使いこなせば、さらにクオリティーの高いチラシやポスターを作ることも可能になります。

イラストレーターのデメリットとしては、使いこなすための技術を覚えるのが大変なことと、個人で購入するには価格が高いということなどが挙げられます。

データ変換が必要だけど手軽に使える「マイクロソフトオフィス」

印刷業者によっては、マイクロソフトオフィス(通称「オフィス」)のワード、エクセル、パワーポイント、パブリッシャーで作ったデータも、データ原稿として受け付けてくれます。

仕事や学校などで操作に慣れている方であれば、使ったことのないソフトよりも、オフィスを使って作りたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

ただし、オフィスはそもそも商業印刷を想定したソフトではないため、入稿の際にはデータ形式や、カラーモードを変換するといった作業を印刷業者に依頼する必要があります。

印刷費以外にお金をかけずに作りたいなら「フリーソフト」

インターネット上には、チラシやポスターを作るために利用できるフリー(無料)ソフトが存在します。代表的なソフトは、イラストレーターの代わりとして使えると言われる「Inkscape(インクスケープ)」や、フォトショップの代わりに使えると言われている「GIMP(ギンプ)」などが挙げられます。

ただし、これらのフリーソフトで作ったデータは多くの場合、そのまま入稿データとして印刷することはできないので注意が必要です。JPGかPDFに変換してから入稿すれば、印刷することが可能という印刷所もありますが、希望通りの色を再現できないなど、制限がかかることがあります。
印刷所にデータ原稿の印刷を依頼する際は、そのソフトで作成したデータは印刷が可能なのか、印刷所に問い合わせて確認することをおすすめします。

ネット印刷.com